浅香忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

浅香 忠雄(淺香、あさか ただお、1908年明治41年)1月12日[1] - 1985年昭和60年)5月28日[1][2])は、昭和期の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

大阪府[1][2]堺市出身[3]。1925年(大正14年)堀川商工専修学校を卒業した[1][2][3]

木村屋製パン社長、浅香産業社長、朝鮮耐火煉瓦社長、大阪変圧器顧問、三洋電機顧問、大阪工業大学常任顧問などを務めた[2][3]

大阪府会議員に選出され[1][2][3]大阪府教育委員会委員長、大阪府立新制大学設立委員長にも在任した[2][3]。1949年(昭和24年)1月の第24回衆議院議員総選挙大阪府第3区から民主自由党公認で出馬して初当選[1][2][4]。以後、1958年(昭和33年)5月の第28回総選挙まで再選され[5]、衆議院議員に連続5期在任した[1][2][3]。この間、第5次吉田内閣厚生政務次官衆議院逓信委員長、自由党総務、同政調会財政金融部長、同政調会副会長、自由民主党全国組織委員会副会長、同政調会通信部長などを務めた[1][2][3]。その後、第29回総選挙に立候補したが次点で落選した[6]

また、新京阪交通取締役、仁和寺ゴルフクラブ取締役に就任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典』14頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』18頁。
  3. ^ a b c d e f g 『逓信人物論 (上)』24頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』253頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』254-256頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』256頁。

参考文献[編集]

  • 森本靖『逓信人物論 (上)』野村書店、1966年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。