浙江省 (汪兆銘政権)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
汪兆銘政権 浙江省
1940年 - 1945年
簡称:



簡体字 浙江
繁体字 浙江
拼音 Zhèjiāng
カタカナ転記 ヂャージャン
国家 汪兆銘政権
行政級別
政府所在地 杭州市
成立 1940年
消滅 1945年 
面積
- 総面積 km²
人口

浙江省(せっこう-しょう)は汪兆銘政権に存在した

沿革[編集]

中華民国維新政府1938年民国27年)6月22日に設置した浙江省を前身とする。

1940年民国29年)10月3日、汪兆銘政権は政治委員会第22次会議で中華民国維新政府の江蘇省政府を改編することを決定、省会を呉県と定め、下部に杭州市、杭県、呉興、嘉興、海寧、平湖、長興、余杭、崇徳、桐郷、徳清、武康、海塩、富陽、蕭山、紹興の1市16県を管轄した。1943年(民国32年)3月、浙江東特別区が廃止となり、余姚、奉化、慈渓、象山、鎮安、鄞県が編入されていた。

県政監督のための行政専員公署は7区設置され、1943年(民国32年)4月に、第1、2区が、翌年3月に第3区から第7区が設置されている。

歴代省長・省政府主席[編集]

省長[編集]

  • 汪瑞闓:1940年3月30日 - 1940年10月5日
中華民国維新政府から継続)

省政府主席[編集]

  • 汪瑞闓:1940年10月5日 - 1941年1月24日〔死去〕
  • 梅思平:1941年2月13日 - 8月22日〔沈爾喬が代理〕
  • 傅式説:1941年8月22日 - 1943年1月2日

省長[編集]

  • 傅式説:1943年1月2日 - 1944年9月14日
  • 項致荘:1944年9月14日 - 1945年5月3日
  • 丁黙邨:1945年5月3日 - 8月〔廃止〕

関連項目[編集]