浜口乃理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
浜口 乃理子(はまぐち のりこ)
生誕 ????2月11日
日本の旗 日本東京都
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1994年 -
ジャンル 実録漫画エッセイ漫画4コマ漫画
代表作 酒とたたみいわしの日々 全4巻
三十路のうなじ 1~2巻
テンプレートを表示

浜口 乃理子(はまぐち のりこ、2月11日[1] - )は、日本漫画家東京都出身[1]女性

概要[編集]

1994年講談社ミスターマガジン』にて「愛溢れる人々」で漫画家デビュー[2]1995年、同誌にて『酒とたたみいわしの日々』の連載を開始。この作品が本人にとって巻数が最長となる4巻まで連載された。

作風の特徴として、『酒とたたみいわしの日々』などに代表される自分漫画(作者自身を主人公にして、作者の日常を描いた漫画(作者自身が作品中で使用している用語))などエッセイ風のノンフィクション漫画を得意としている。作品よりも作者自身の方が面白いといわれている。西原理恵子の影響の濃い、ラフな画風で作者と作者をめぐる人々をコミカルに脱力気味に描く。友人も頻繁に出演し、お笑いライター「しのピー(別名S崎、これらから「シノ崎」という名前がばらされている)」、芳文社の編集者「ドマリン」等はレギュラーのように登場する。西原理恵子、倉田真由美などが同系統の作風。をこよなく愛し、長らく未婚であったが、現在は1女1男の母親[3]。出産時にはさすがに禁酒し、以降も酒が弱くなりあまり量を飲まなくなったと自身の作品などで報告している。

『ミスターマガジン』で数年間同時期に執筆していた倉上淳士と交友がある[4]ほか、同じ猫(アメリカン・ショートヘア)を飼っていたり、同じ年齢の娘を持つなどして共通点のあるおーはしるいなどとも交友が深いようである[5][6]

作品リスト[編集]

※独立記事のある作品につきましてはリンク先をご参照ください。

単行本リスト[編集]

  1. ISBN 9784832261839(2000年9月)
  2. ISBN 9784832262584(2002年7月)
  1. ISBN 9784893677617(2002年2月)
  • のんポリズム(単行本全1巻、講談社)
  1. ISBN 9784063520538(2003年12月)
  • 子供のオキテ ~ポンコツ夫婦のムスメとムスコ~(単行本全1巻、秋田書店
  1. ISBN 9784253107075(2007年12月)
  1. ISBN 9784781602318(2010年1月)

イラスト等担当作品リスト[編集]

  • プノンペンどくだみ荘物語(全1巻、徳間書店
  1. ISBN 4-19-891911-9(2003年7月)
  1. ISBN 4-89637-207-7(2005年6月)
  1. ISBN 9784896372526(2007年6月)

単行本未収録の主な作品リスト[編集]

  • ちとせロンリネス! (まんがくらぶオリジナル、1999年~2000年、竹書房)
  • 元気のしるし(まんがタイムスペシャル、1999年~2004年、芳文社)
  • むちゅめ☆ぶろぐ(本当にあったブログ内緒な話、2006年5月~2007年6月、大洋図書)

脚注[編集]

  1. ^ a b 本人単行本『三十路のうなじ』1巻折り返しプロフィール参考。
  2. ^ 本人単行本『う゛ぁーじんパチスロ』巻末折り返しプロフィール参考。
  3. ^ 本人の作品『ヒゲヒゲしっぽしっぽ』では娘と息子が主役としてエッセイ4コマ漫画として描かれていた。
  4. ^ 倉上淳士単行本『ぎゃるかん』5巻へのゲスト寄稿など参考。
  5. ^ おーはしるい単行本『ふー are you!』1~2巻へのゲスト寄稿参考。
  6. ^ またおーはしるいの公式HP内のブログにも一緒に遊びに行ったことなどを報告する記事が度々UPされていたりしている。
  7. ^ 2~4巻には竹書房、芳文社などの4コマ誌、小学館の女性誌など他誌で掲載されていた短期連載作品などが複数収録されている。