浜名信平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
浜名信平

浜名 信平(はまな しんぺい、安政2年10月10日[1]1855年11月19日) - 大正5年(1916年1月29日)は、日本の衆議院議員(同志倶楽部→憲政党立憲政友会)。

経歴[編集]

常陸国真壁郡関本上町(現在の茨城県筑西市)出身。漢学を学んだ後、結城藩の乗彜学館に通った[1]。やがて自由民権運動に加わり、共議社という政社を組織した[2]。また1882年明治15年)、茨城勧業世話役に選ばれ、また茨城県蚕糸茶共進会を開催した[1]

同年、茨城県会議員に選出され、1889年(明治22年)に議長に就任した。1894年(明治27年)、第4回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、9回連続当選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新選代議士列伝』p.105
  2. ^ 『衆議院議員列伝』p.45-46

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 山崎謙 『衆議院議員列伝』 衆議院議員列伝発行所、1901年