浜崎忠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
浜崎 忠治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 1915年9月28日
没年月日 没年不明
身長
体重
156 cm
53 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手二塁手三塁手
プロ入り 1947年
初出場 1947年5月24日
最終出場 1948年11月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

浜崎 忠治(はまざき ただはる、1915年9月28日 - 没年不明)は、広島県呉市出身のプロ野球選手投手二塁手三塁手)。パ・リーグ審判

阪急で選手・監督として活躍した浜崎真二は実兄。真二同様身長が低く、身長156cmは日本プロ野球史上最短身とされることがある[1]

来歴・人物[編集]

浜崎真二の弟(但し14歳も年が離れている)として呉海軍工廠で働く人達が家を建てた呉市西の山の手・三津田に生まれた。名門・広島商業(現・広島県立広島商業高等学校)に進学し、在学中に甲子園には3回(3回とも選抜高等学校野球大会1931年1933年)出場。1931年の大会では、投手及び内野手として、広島商の夏春連覇に貢献した。広島商時代のチームメイトに、鶴岡一人(のち南海),灰山元治(のち朝日),奈良友夫(のち大阪)らがいる。広島商業卒業後は、横浜高等商業学校に進学。横浜高等工業学校との「ハマの早慶戦」でも活躍した。その後、社会人野球の満州倶楽部(大連市)でもプレーした。

1947年中部日本ドラゴンズに入団。当初は高校時代と同じく、投手と内野手の二刀流で登録されていた(後に内野手に専念)。しかし、既に当時としては高齢だった(30歳を過ぎていた)ため、ほとんど活躍することが出来ず、1948年限りで引退した。

現役引退後は、パ・リーグの審判に転身。1952年7月16日平和台球場で行われた毎日オリオンズvs西鉄ライオンズ戦では主審を務め、度重なる遅延行為を重ねた毎日の湯浅禎夫監督の提案を受け入れてノーゲームにした事で、西鉄ファンの怒りを買って暴動に発展した平和台事件を引き起こした事で知られている。また西鉄のエース投手だった稲尾和久に対して、ボール2、3個外れてもストライクをとる甘い判定を行い、これを他チームは稲尾-浜崎ラインと呼んで恐れた[2]

娘が2015年に新聞に寄稿した文章によると、浜崎が娘と高校野球を見ていた際に「高校野球の監督をしてみたかった」と口にしたことが一度だけあったという[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1947 中部日本 3 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 27 5.1 5 0 6 -- 0 1 1 0 3 3 4.50 2.06
通算:1年 3 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 27 5.1 5 0 6 -- 0 1 1 0 3 3 4.50 2.06

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1947 中部日本
中日
14 5 5 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 -- .200 .200 .400 .600
1948 52 63 62 2 12 2 0 0 14 7 0 0 0 -- 1 -- 0 3 -- .194 .206 .226 .432
通算:2年 66 68 67 2 13 3 0 0 16 7 0 0 0 -- 1 -- 0 3 -- .194 .206 .239 .445

背番号[編集]

  • 21 (1946年 - 1947年)

脚注[編集]

  1. ^ 浜崎真二を最短身とする説もある。
  2. ^ 大沢啓二談、『サンデーモーニング週刊 御意見番TBS系)、2007年11月18日
  3. ^ 「女の気持ち」毎日新聞2015年3月27日15頁

関連項目[編集]