浜崎洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はまさき ようすけ
浜崎 洋介
生誕 (1978-10-28) 1978年10月28日(40歳)
日本の旗 日本埼玉県大宮市
(現・さいたま市
出身校 日本大学芸術学部学士
東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻(修士博士
職業 文芸批評家

浜崎 洋介(はまさき ようすけ、1978年[1]10月28日[2]- )は、 日本文芸批評家[1]日本大学芸術学部東京工業大学にて非常勤講師をつとめる。専門は日本近代文学、批評理論、比較文学福田恆存小林秀雄を中心に、日本の保守思想の研究を専門とする。博士(学術)

経歴[編集]

埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身、生後半年で生地を離れ、その後、広島大阪神戸東京を転々とする。

2001年、日本大学芸術学部卒業。大学では小説の書き方を学んだ。

卒業後は井口時男が教えていた東京工業大学大学院へと進学したかったが、入試時間を間違えてしまい1年浪人する。当時は祖師谷大蔵に住んでいた。浪人中、柄谷行人の立ち上げたNew Associationist Movementに参加。

2010年、東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻博士課程修了。「福田恆存の思想 : 作家論・芸術論・国語論の観点から」で学術博士。主査は井口時男

著作[編集]

単著[編集]

  • 『福田恆存 思想の〈かたち〉 イロニー・演戯・言葉』(新曜社、2011年、ISBN 9784788512634)
  • 『反戦後論』(文藝春秋、2017年、ISBN 4163906487)

共著[編集]

編・解説[編集]

  • 福田恆存)『保守とは何か』(文春学藝ライブラリー(文庫版)、2013年、ISBN 9784168130021)
  • (福田恆存)『国家とは何か』(文春学藝ライブラリー、2014年、ISBN 9784168130342)
  • (福田恆存)『人間とは何か』(文春学藝ライブラリー、2016年、ISBN 9784168130595)

文庫解説[編集]

  • (福田恆存)『私の英国史』(中公文庫、2015年、ISBN 9784122060845)
  • (福田恆存)『芥川龍之介と太宰治』(講談社文庫、2018年、ISBN 4065132991)

論文等[編集]

  • 論文「福田恆存の「政治と文学」-D・H・ロレンスからの影響」『日本比較文学会東京支部研究報告』4号2007年9月
  • 論文「福田恆存の「イロニー」-芥川龍之介論と保田與重郎」『文芸研究―文芸・言語・思想』第166集2008年9月
  • 評論「大岡信と保田與重郎−「日本的美意識」の問題」『大岡信ことば館便り』2013年春号―季刊第11号
  • 評論「郊外論/故郷論-「虚構の時代」の後に」『現在知vol.1-郊外 その危機と再生 』(NHKブックス別巻)2013年4月
  • 時評「道徳は教えられない」『文藝春秋』2013年12月号
  • 評論「中上健次と私」『すばる』2014年1月号
  • 評論「アーレントと福田恆存−全体主義(totalitarianism)と全体(wholeness)」『表現者』53号/2014年3月号
  • 評論「柄谷行人試論-〈単独者=文学〉の場所をめぐって」『すばる』2015年2月号
  • 評論「宿命としての大東亜戦争-小林秀雄はなぜ反省しなかったか」『文藝春秋SPECIAL』2015年季刊春号
  • 評論「ロレンスとピケティ-その人間観をめぐって」『表現者』60号/2015年5月号
  • 評論「福田恆存の『実存』-『特権的状態』論をめぐって」『総特集・福田恆存 人間・この劇的なるもの』河出書房新社〈文藝別冊〉、2015年5月
  • 評論「小林秀雄の〈批評=学問〉論-『国語教育』の在り処」『国語教室』大修館書店、2015年5月
  • 評論「福田恆存とシェイクスピアその紐帯」」『すばる』2016年5月号
  • 評論「小説の運命」『新潮』2016年5月号
  • 評論「坂口安吾の『いたわり』―『カラクリ』と『ふるさと』のあいだで」『すばる』2017年4月号
  • 評論「観念的な、あまりに観念的な―戦後批評の『弱さ』について―」『すばる』2018年1月号
  • 評論「動揺する精神―江藤淳の生と死」『江藤淳―終わる平成から昭和の保守を問う』河出書房新社〈文藝別冊〉、2019年5月

出典[編集]

  1. ^ a b 福田恆存 思想の「かたち」―イロニー・演戯・言葉 著者紹介”. 紀伊國屋書店ウェブストア. 紀伊國屋書店. 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ 『すばる』2015年2月号執筆者紹介