浜恵子 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
浜 恵子
Keiko Hama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1947-11-07) 1947年11月7日(69歳)
出身地 千葉県
ラテン文字 Keiko Hama
身長 172cm
体重 70kg
選手情報
利き手
 
獲得メダル
オリンピック
1968 女子
1972 女子
世界選手権
1970 女子バレーボール
ワールドカップ
1973 女子バレーボール
テンプレートを表示

浜 恵子(はま けいこ、現姓:高荷[1]1947年11月7日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。1968年メキシコオリンピック、1972年ミュンヘンオリンピックバレーボール女子銀メダリスト。

来歴[編集]

千葉県生まれ、神奈川県大和市育ち。中学が新設校でバレーボール部が創部され、高身長だったため先生に勧められバレーボールを始める。中学時代は県内大会で2度優勝を経験した。高校は「やるからには強い学校に」という先生の勧めがあり、強豪校の中村高校に進学する。

1965年に実業団のヤシカに入部。1968年に全日本メンバーに選出され、1968年のメキシコオリンピック準優勝、1972年のミュンヘンオリンピック準優勝に大きく貢献した。

国内でも1969年度から4年連続でベスト6に輝くなど、ヤシカの好成績の原動力となった。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
大和市立光丘中学校 → 中村高校ヤシカ(1966-1974年)
  • 全日本代表 - 1968-1973年
  • 受賞歴
    • 1969年 - 第3回日本リーグ 敢闘賞、ブロック賞、ベスト6
    • 1970年 - 第4回日本リーグ 敢闘賞、スパイク賞、ベスト6
    • 1971年 - 第5回日本リーグ ベスト6
    • 1972年 - 第6回日本リーグ スパイク賞、ベスト6

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 1977年2月号

参考文献[編集]

  • VOLLEYBALL(日本バレーボール協会機関誌)1969年9月号
  • 月刊バレーボール 1973年12月号 73ページ