浜田駿吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリンピック
日本の旗 日本
男子 ホッケー
オリンピック
1932 ロサンゼルス ホッケー

浜田 駿吉(はまだ しゅんきち、1910年10月19日2009年12月7日)は兵庫県神戸市生まれのフィールドホッケー選手、実業家[1]。出身は同県の西淡町(現南あわじ市)[2]。 オーエム製作所の会長や大和紡績(現在のダイワボウホールディングス)の常務などを務めた[3]

来歴[編集]

中学校3年時より慶應義塾普通部へと転入、その後ホッケーを始め慶應義塾大学在籍時には日本代表へと選出された。1932年にはロサンゼルスオリンピックに代表選出されゴールキーパーとして出場、出場した3チーム中2位で銀メダルを獲得した[1]。社会人となった1936年ベルリンオリンピックにも出場したが、予選リーグで敗退している[1]

2009年12月7日東京都渋谷区の病院にて心不全で亡くなった。99歳[2][3]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「あのメダルは今」32年ロサンゼルス ホッケー銀 浜田駿吉さん”. 日刊スポーツ (2000年3月7日). 2009年12月10日閲覧。
  2. ^ a b 浜田駿吉氏死去(元大和紡績〈現ダイワボウホールディングス〉常務)”. 時事ドットコム (2009年12月7日). 2009年12月10日閲覧。
  3. ^ a b 浜田駿吉氏死去 元大和紡績常務”. 共同通信 (2009年12月7日). 2009年12月10日閲覧。