浜西鉄雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

浜西 鉄雄(はまにし てつお、1926年3月2日 - 1987年11月21日)は、日本政治家衆議院議員(2期)。

略歴[編集]

山口県下関市生まれ。1940年、王司尋常高等小学校卒業。1943年、多々良航空製作所長府工場に勤務しながら2年後、同製作所附属青年学校卒業。その後すぐに、神戸製鋼所長府工場に動員される。1948年、神戸製鋼所を退職し長府郵便局勤務。1958年日本社会党入党。全逓信従業員組合中国地方本部副執行委員長を経て、1973年郵政省退職。1975年、国際郵便電信電話労連世界大会代議員として、ヨーロッパ各国を研修歴訪。1980年第12回参議院議員通常選挙山口県選挙区で、日本社会党で立候補したが、自由民主党公認候補の江島淳に敗れ、落選。1983年第37回衆議院議員総選挙山口1区で、枝村要作(元日本社会党衆議院議員・衆議院議員5期)の後継者として、日本社会党で、立候補し初当選。以後2期務める。1987年、衆議院議員在任中に、東京慈恵会医科大学附属病院において、死去。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年11月)