濵谷浩樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 日本の官僚
濵谷 浩樹
はまや ひろき
生年月日 (1963-03-30) 1963年3月30日(58歳)[1]
出生地 北海道函館市[2]
出身校 東京大学[1]
称号 法学士(東京大学・1985年

在任期間 2019年7月9日[3] -

在任期間 2018年7月31日[4] - 2019年7月8日

在任期間 2017年7月11日[5] - 2018年7月30日
テンプレートを表示

濵谷 浩樹(はまや ひろき、1963年昭和38年〉3月30日[1] - )は、日本厚生厚生労働官僚

来歴[編集]

北海道函館市出身[2]函館ラ・サール高等学校を経て[2]1985年(昭和60年)3月、東京大学法学部を卒業[1]

1984年(昭和59年)10月、国家公務員採用上級甲種試験(法律)に合格[1]。翌年4月、厚生省に入省し、厚生省大臣官房人事課に配属[1]

社会・援護局保護課課長補佐、年金局企業年金国民年金基金課課長補佐、児童家庭局家庭福祉課課長補佐、健康政策局経済課課長補佐、保険局企画課課長補佐、厚生省大臣官房政策課課長補佐、社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策官、保険局総務課老人医療企画官、年金局企業年金国民年金基金課長、保険局国民健康保険課長、保険局総務課長、厚生労働省大臣官房参事官、厚生労働省大臣官房人事課長、厚生労働省大臣官房審議官などを歴任[1]。途中、環境庁埼玉県などに出向し、環境庁自然保護局野生生物課課長補佐、埼玉県生活福祉部高齢者福祉課長、文部科学省初等中等教育局幼児教育課長などを務めた[1]

2017年平成29年)7月11日厚生労働省老健局長に就任[5]

2018年(平成30年)7月31日、厚生労働省厚生労働省子ども家庭局長に就任[4]

2019年令和元年)7月9日、厚生労働省保険局長に就任[3]

保険局長として消費税増税による薬価改定などに携わった[6]

年譜[編集]

  • 1984年(昭和59年)10月 - 国家公務員採用上級甲種試験(法律)に合格[1]
  • 1985年(昭和60年)
    • 3月 - 東京大学法学部を卒業[1]
    • 4月 - 厚生省大臣官房人事課[1]
    • 4月 - 厚生省児童家庭局企画課[1]
  • 1987年(昭和62年)7月 - 自治省行政局振興課[1]
  • 1989年(平成元年)7月 - 厚生省大臣官房政策課調査室[1]
  • 1990年(平成2年)7月 - 厚生省大臣官房政策課[1]
  • 1991年(平成3年)7月 - 環境庁長官官房総務課[1]
  • 1992年(平成4年)7月 - 環境庁自然保護局野生生物課課長補佐[1]
  • 1993年(平成5年)7月 - 厚生省社会・援護局保護課課長補佐[1]
  • 1994年(平成6年)9月 - 厚生省年金局企業年金国民年金基金課課長補佐[1]
  • 1995年(平成7年)4月 - 埼玉県生活福祉部高齢者福祉課長[1]
  • 1997年(平成9年)
    • 1月 - 厚生省児童家庭局家庭福祉課課長補佐[1]
    • 7月 - 厚生省健康政策局経済課課長補佐[1]
  • 1999年(平成11年)8月 - 厚生省保険局企画課課長補佐[1]
  • 2000年(平成12年)7月 - 厚生省大臣官房政策課課長補佐[1]
  • 2001年(平成13年)
    • 1月 - 厚生労働省大臣官房付[1]
    • 1月 -(併)内閣官房行政改革推進担当特殊法人等改革推進室企画官[1]
  • 2002年(平成14年)
    • 8月 - 厚生労働省社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策官[1]
    • 8月 -(併)社会・援護局福祉基盤課福祉人材確保対策室長[1]
  • 2004年(平成16年)
    • 7月 - 厚生労働省保険局総務課老人医療企画官[1]
    • 7月 -(併)保険局総務課老人医療企画室長[1]
  • 2006年(平成18年)9月 - 厚生労働省年金局企業年金国民年金基金課長[1]
  • 2008年(平成20年)7月 - 文部科学省初等中等教育局幼児教育課長[1]
  • 2011年(平成23年)7月 - 厚生労働省保険局国民健康保険課長[1]
  • 2012年(平成24年)9月 - 厚生労働省保険局総務課長[1]
  • 2013年(平成25年)7月 - 厚生労働省大臣官房参事官(人事担当)[1]
  • 2014年(平成26年)7月 - 厚生労働省大臣官房人事課長[1]
  • 2015年(平成27年)
    • 10月 - 厚生労働省大臣官房審議官(老健・障害保健福祉担当)[1]
    • 10月 -(命)厚生労働省大臣官房審議官(社会・援護・人道調査担当)[1]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月 -(命)厚生労働省大臣官房審議官(児童福祉担当)[1]
    • 6月 - 厚生労働省大臣官房審議官(医療介護連携担当)[1]
  • 2017年(平成29年)7月 - 厚生労働省老健局長[5]
  • 2018年(平成30年)7月 - 厚生労働省子ども家庭局長[4]
  • 2019年(令和元年)7月 - 厚生労働省保険局長[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

官職
先代:
蒲原基道
日本の旗 厚生労働省老健局長
2017年 - 2018年
次代:
大島一博
先代:
吉田学
日本の旗 厚生労働省子ども家庭局長
2018年 - 2019年
次代:
渡辺由美子
先代:
樽見英樹
日本の旗 厚生労働省保険局長
2019年 -
次代:
現職