浜野安宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浜野安宏
生誕 1941年7月22日
日本の旗 日本 京都府
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学
職業 建築家
プロジェクト QFRONT
東急ハンズ
赤坂MUGEN

浜野安宏(はまの やすひろ、 1941年7月22日 - )は、京都府京都市出身の日本のライフスタイルプロデューサー。

来歴[編集]

高校時代は美術を志し上京したが、すぐに美術より映画に興味を持ち、日本大学芸術学部映画演出科に進学。同時期にセツ・モードセミナーにも入学[1]

  • 1962年 - 大学在学中に、デザイナー集団・クリエイターズリミテッド「造像団」を結成し、ファッションの分野で実績を積み始める。
  • 1964年 - 企画書とダンボールに詰めた商品を持ち、伊勢丹の正面玄関に座り込むという営業パフォーマンスを行う[2]
  • 1966年 - メンズマガジン『STAG』を発行し、編集長を勤める。TBSテレビ 「ヤング720」に横尾忠則篠山紀信らと共にレギュラー出演。
  • 1968年 - サイケデリックを核コンセプトに据えたライブミュージック・ディスコ、赤坂『MUGEN』をプロデュースする。
  • 1969年 - テレビ、ラジオ、新聞による販売促進広告活動「フィーリング発見」を打ち出す。同年「フィーリング」という言葉が流行語になる。
  • 1970年 - シンプル自然志向のファッションメーカー『SOMETHING ELSE(株)』を設立。最初の著書『ファッション化社会』を出版。ベストセラーとなる。
  • 1972年 - 世銀借款プロジェク インドネシアバリ島ヌサドゥア地区開発計画 第1位入選。
  • 1973年 - 竹下通り、最初のブティック『COUNT DOWN』をオープンする。
  • 1974年 - 表参道『FROM-1st』を5年間研究開発、企画・プロデュース(1976年日本建築学会賞作品賞、及びサインボードSDA賞受賞)。
  • 1975年1978年 - 大型クリエイティブストア『東急ハンズ』の企画・開発コンサルティングを手掛ける。
  • 1976年 - 第1回 ハマノ・フリースクール パラオ(社)太平洋諸島地域研究所(旧日本ミクロネシア協会)
  • 1977年 - 安藤忠雄と共同で神戸市生田区のローズガーデンを手掛ける。
  • 1979年 - 板倉ビル開発計画『AXIS』総合プロデュース・コンセプト立案を手掛ける。河川湖沼の自然保護団体『フレンズ・オブ・リバー』を創立。
  • 1982年 - 『ファッション・ライブシアター』と『AXIS』の総合デザイン・プロデュース活動により、'81年度毎日デザイン賞受賞。フライ・フィッシング用具を取り扱う(株)ティムコの自社アウトドアブランド『フォックスファイヤー』のコンセンプト担当。
  • 1986年 - 横浜みなとみらい21 都市デザイン委員会委員、テレポート推進協議会委員
  • 1987年 - 第1回 モンタナ・ワイオミング・ネイチャースクール の校長として50人の日本の子供達をアメリカモンタナ州ワイオミング州に旅行させ、アウトドア、自然教育を始める。
  • 1988年 - 旧ダイエー・ホークス ユニフォームのプロデュース、スタジアムジャンパーのコンセプト担当。デザイン:三宅一生
  • 1989年 - フォックスファイヤーのサブブランド『Fire Fox Extra』(FFX)をプロデュース。
  • 1992年 - 『(株)浜野総合研究所』を設立。
  • 1996年 - 『QFRONT』プロジェクトの総合プロデュース開始。
  • 1998年 - 「Patagonia」東京渋谷店・パタゴニアフラグシップストアの総合プロデュース。

特色[編集]

ファッション、新業態開発、建築プロデュース、等の幅広い分野で活躍しているが、釣り師(フライ・フィッシャーマン)としてもその名は知れ渡っている。川釣りを愛好している為、自然保護にも積極的に力をいれている。

主な作品[編集]

映画[編集]

  • カーラヌカン(2018年3月10日公開) - 監督[3]・主題歌「愛になれ」作詞[4]

著書[編集]

  • 『ファッション化社会』1970年 ビジネス社
  • 『質素革命』1970年 ビジネス社
  • 『人があつまる』1975年 講談社
  • 『ファッションが危ない』1975年 ビジネス社
  • 『若者株式会社』 1976年 ビジネス社
  • 『テールウォーク』 1979年 講談社
  • 『男の存在証明 - あぜ道からの文化論』 1980年 PHP研究所
  • 『ファッションギオグラフィティ地球風俗曼荼羅』 1981年 神戸新聞事業社
  • 『ふだん着の時代』 1981年 ビジネス社
  • 『コンセプト&ワーク』 1981年 商店建築社
  • 『釣り人の詩』 1981年 講談社
  • 『新野生学』 1982年 集英社
  • 『人があそぶ』1984年 講談社
  • 『企業トップのデザイン観』 1985年 講談社
  • 『川はいきているか』 1985年 世界文化社
  • 『さかなかみ』 1986年 TBSブリタニカ
  • 『流通解体新書』 1986年 TBSブリタニカ
  • 『遊びビジネス宣言』 1987年 TBSブリタニカ
  • 『リゾート感覚』 1988年 東急エージェンシー出版部
  • 『ネイチャー感覚』 1989年 東急エージェンシー出版部
  • 『感動入門』 1990年 東急エージェンシー出版部
  • 『35才までに何ができるか』 1990年 史輝出版
  • 『ファッション都市の創造』 1992年 東急エージェンシー出版部
  • 『Weの時代』 1993年 東急エージェンシー出版部
  • 『浜野安宏コンセプトインデックス』 1994年 六耀社
  • 『サービスの時代』 1995年 ダイヤモンド社
  • 『父と子のアウトドア共育学』 1996年 廣済堂
  • 『たのしい地球』 1996年 東急エージェンシー出版部
  • 『エンターテイメント感覚』 1997年 ダイヤモンド社
  • 『デジタルシティ』 1998年 ダイヤモンド社
  • 『建築プロデューサー』 2000年 鹿島出版社
  • 『ライルスタイル系』 2000年 東急エージェンシー出版部
  • 『さかなかみ巡礼記』 2001年 廣済堂
  • 『TEAM HAMANO&PROJECTS』 2001年 浜野総合研究所
  • 『PACHINCO CIRCUS』 2002年 フィールズ(株)
  • 『新質素革命』 2003年 出窓社
  • 『世界秘境リゾートで巨大魚を釣る!』 2004年 世界文化社
  • 『35歳から伸びる人、止まる人』 2005年 PHP文庫
  • 『人があつまる ストリート派宣言』 2005年 ノア出版
  • 『共育自然学園 〜ハマノ・ネーチャースクールの30年〜』 2008年 現代書林
  • 『生活地へ 〜幸せのまちづくり〜』 2009年 学陽書房
  • 『はたらき方の革命』 2009年 PHP研究所
  • 『想いの実現』 2012年 浜野総合研究所
  • 『山の時間、街の時間。 30年のワイオミング山小屋暮らしで学んだこと』 2016年 世界文化社
  • 『TETON 感じて生きる 山からの提案』 2017年 世界文化社
  • 『一流の磨き方』 2017年 ダイヤモンド社
  • 『映画「カーラヌカン」原作小説 "愛になれ"』 2018年 MUJI BOOKS
  • 『ANKOU'S NEW CINEMA☆3 浜野安宏 新野生派宣言』 2018年 六耀社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「浜野安宏コンセプトインデックス」1994年
  2. ^ . 繊研新聞. (2008年12月12日=伊勢丹と走った日々) 
  3. ^ GACKT、愛に向き合う長編映画「最高の作品を皆様に送ります」”. 音楽ナタリー (2016年2月9日). 2016年2月9日閲覧。
  4. ^ 映画「カーラヌカン」原作小説 "愛になれ" が大好評発売中!」”. 2018年12月5日閲覧。