浦岡敬一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うらおか けいいち
浦岡 敬一
生年月日 (1930-05-04) 1930年5月4日
没年月日 (2008-11-24) 2008年11月24日(78歳没)
出生地 日本の旗 日本 静岡県
職業 編集技師
ジャンル 映画
主な作品
馬鹿まるだし』ほか

浦岡 敬一(うらおか けいいち、1930年5月4日 - 2008年11月24日)は日本編集技師

経歴[編集]

1948年松竹に入社。浜村義康に師事し、小津安二郎監督作品などの編集助手を務め、1958年人間の條件』(小林正樹監督)で編集技師となる。1969年松竹を退社。その後も、フリーの技師として精力的に幅広い作品を担当する。1989年には『帝都物語』(実相寺昭雄監督)、『優駿 ORACION』(杉田成道監督)で日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞。

日本映画編集協会(現・協同組合日本映画テレビ編集協会)の設立にも尽力し、初代編集協会理事長を務めた。 また、日本映画学校に於いて多数の後進の育成に努めた。

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 『活弁物語』(1957年)
  • 人間の條件』(1958年)
  • 『がんばり娘』(1959年)
  • 『どんと行こうぜ』(1959年)
  • 『ろくでなし』(1960年)
  • 『太陽の墓場』(1960年)
  • 日本の夜と霧』(1960年)
  • 青春残酷物語』(1960年)
  • 『乾いた湖』(1960年)
  • 『悪人志願』(1960年)
  • 『彼女だけが知っている』(1960年)
  • 『あの波の果てまで』(1961年)
  • 『あの波の果てまで 後篇』(1961年)
  • 『わが恋の旅路』(1961年)
  • 『あの波の果てまで 完結篇』(1961年)
  • 『晴子の応援団長』(1962年)
  • 『求人旅行』(1962年)
  • 『九ちゃん音頭』(1962年)
  • 『この日美わし』(1962年)
  • 『京子の初恋 八十八夜の月』(1962年)
  • 『空と海の結婚』(1962年)
  • 『学生芸者 恋と喧嘩』(1962年)
  • 『からみ合い』(1962年)
  • 『男の歌』(1962年)
  • 『僕チン放浪記』(1962年)
  • 『つむじ風』(1963年)
  • 『危ない橋は渡りたい』(1963年)
  • 『結婚の設計』(1963年)
  • 『鏡の中の裸像』(1963年)
  • 七人の刑事』(1963年)
  • 『七人の刑事 女を探がせ』(1963年)
  • 二十一歳の父』(1964年)
  • 馬鹿まるだし』(1964年)
  • いいかげん馬鹿』(1964年)
  • 『渚を駆ける女』(1964年)
  • 馬鹿が戦車でやって来る』(1964年)
  • 『夜の逆鱗』(1964年)
  • 裸一貫』(1964年)
  • 霧の旗』(1965年)
  • 『悦楽』(1965年)
  • ユンボギの日記』(1965年)
  • お座敷小唄』(1965年)
  • 『ぜったい多数』(1965年)
  • 『昨日のあいつ今日のおれ』(1965年)
  • 運が良けりゃ』(1966年)
  • 『暖春』(スクリプター・1965年)
  • 『白昼の通り魔』(1966年)
  • なつかしい風来坊』(1966年)
  • 紀ノ川』(1966年)
  • 日本春歌考』(1967年)
  • 『無理心中日本の夏』(1967年)
  • 智恵子抄』(1967年)
  • 『バラ色の二人』(1967年)
  • 惜春』(1967年)
  • 『忍者武芸長』(1967年)
  • 『レッツゴー!高校レモン娘』(1967年)
  • 帰って来たヨッパライ』(1968年)
  • 黒蜥蜴』(1968年)
  • 『爽春』(1968年)
  • 『恐喝こそわが人生』(1968年)
  • わが闘争』(1968年)
  • 『初恋宣言』(1968年)
  • 『日も月も』(1969年)
  • 『結婚します』(1969年)
  • 『落葉とくちづけ』(1969年)
  • 『とめてくれるなおっ母さん』(1969年)
  • 少年』(1969年)
  • 『喜劇 逆転旅行』(1969年)
  • 『喜劇 女は度胸』(1969年)
  • 『わが恋わが歌』(1969年)
  • 『美空ひばり・森進一の花と涙と炎』(1970年)
  • 東京⇔パリ 青春の条件』(1970年)
  • 『東京戰争戦後秘話』(1970年)
  • 『風の慕情』(1970年)
  • 波止場女のブルース』(1970年)
  • 書を捨てよ町へ出よう』(1971年)
  • 『刑事物語 兄弟の掟』(1971年)
  • 儀式』(1971年)
  • 黒の斜面』(1971年)
  • 曼陀羅』(1971年)
  • 『軍旗はためく下に』(1972年)
  • 『空、みたか?』(1972年)
  • 『軍旗はためく下に』(1972年)
  • 『哥(うた)』(1972年)
  • 夏の妹』(1972年)
  • 『湯けむり110番 いるかの大将』(1972年)
  • 『青幻記 遠い日の母は美しく』(1973年)
  • 『喜劇 黄綬褒章』(1973年)
  • 『あさき夢みし』(1974年)
  • 冒険者たち』(1975年)
  • 化石』(1975年)
  • 十六歳の戦争』(1976年)
  • 愛のコリーダ』(1976年)
  • 北の岬』(1976年)
  • 歌麿 夢と知りせば』(1977年)
  • 『遠い一本の道』(1977年)
  • BIG-1物語 王貞治』(1977年)
  • 愛の亡霊』(1978年)
  • 燃える秋』(1978年)
  • ウルトラマン』(1979年)
  • 復讐するは我にあり』(1979年)
  • 『茗荷村見聞記』(1979年)
  • ウルトラマン怪獣大決戦』(1979年)
  • 『砂の小舟』(1980年)
  • はだしのゲン PART3 ヒロシマのたたかい』(1980年)
  • 』(1980年)
  • ええじゃないか』(1981年)
  • 悪霊島』(1981年)
  • 』(1983年)
  • 東京裁判』(1983年)
  • 『生きてはみたけれど 小津安二郎物語』(1983年)
  • ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』(1984年)
  • ウルトラマン物語』(1984年)
  • 『旅芝居行進曲』(1984年)
  • 『白い町ヒロシマ』(1985年)
  • 君は裸足の神を見たか』(1986年)
  • 『夏草の女たち』(1987年)
  • 帝都物語』(1988年)
  • 優駿 ORACION』(1989年)
  • 『Mr.レディー夜明けのシンデレラ』(1990年)
  • 曖・昧・Me』(1990年)
  • 風の国』(1991年)
  • 『アンモナイトのささやきを聞いた』(1992年)
  • 結婚』(1993年)
  • 『きこぱたとん』(1993年)
  • 眠れる美女』(1995年)
  • 『お友達になりたい』(2004年)
  • 石井のおとうさんありがとう』(2004年)

出典・参考文献[編集]

関連項目[編集]