浦戸海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

浦戸海軍航空隊(うらどかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊・教育機関の一つ。20000人にも及ぶ空前の志願者を募った予科練甲飛第14期の生徒を教育するため、最後に新設された予科練教育航空隊である。緊急に開隊するために耕作地を収用し、飛行場とバラック兵舎を林立させたものの、正規カリキュラムに移行するまで1ヶ月かかり、その間は生徒も施設構築に従事した。

沿革[編集]

  • 昭和19年11月1日 高知県長浜町に落成・開隊。第19連合航空隊に編入。

         松山海軍航空隊から甲飛第14期約1000名転入。

  • 昭和19年11月28日 甲飛第15期(奈良分遣隊入隊者)転入。
  • 昭和20年3月1日 19連空解散。呉鎮守府隷下第21連合航空隊に転籍。土佐湾沿岸防備隊を編制し、陣地構築に従事。
  • 昭和20年4月1日 甲飛第16期入隊(最後の予科練生)。
  • 昭和20年6月1日 予科練教育凍。陸戦・特攻訓練に教程変更。
  • 昭和20年7月15日 解隊。

オリンピック作戦コロネット作戦の合間に、陽動のための土佐湾上陸戦が起きることを想定し、海軍は桂浜に程近い浦戸地区に回天震洋を配備するとともに、土佐湾沿岸防備隊を編制して地上戦に備えることとなった。卒業を果たせなかった全生徒は、土佐湾沿岸防備隊に転属を命じられ、地上戦訓練を強いられた。 アメリカ軍は、オリンピック作戦に先立っての陽動作戦として、8万人の大軍をもって1945年10月末に高知県に侵攻する「パステル作戦」を敢行することを決定していた。

主要機種[編集]

教育訓練部隊のため、航空機の配属はない。

歴代司令[編集]

  • 別府明朋 少将[1][2]:昭和19年11月1日[1] - 昭和20年3月1日[2]
  • 山田敏世 大佐[2][3]:昭和20年3月1日[2] - 昭和20年7月15日[3]解隊

脚注[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本海軍編制事典』芙蓉書房出版、2003年。
  • 『航空隊戦史』新人物往来社、2001年。
  • 『日本海軍航空史2』時事通信社、1969年。
  • 戦史叢書 海軍航空概史』朝雲新聞社、1976年。
  • 『海軍飛行豫科練習生1』国書刊行会、1983年。
  • 『連合艦隊海空戦戦闘詳報別巻1』アテネ書房、1996年。