浦舟町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 南区 > 浦舟町
浦舟町
—  町丁  —
南区総合庁舎
浦舟町の位置(横浜市内)
浦舟町
浦舟町
浦舟町の位置(神奈川県内)
浦舟町
浦舟町
浦舟町の位置
座標: 北緯35度26分6.1秒 東経139度37分39.26秒 / 北緯35.435028度 東経139.6275722度 / 35.435028; 139.6275722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
南区
面積[1]
 - 計 0.109km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,585人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 232-0024[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

浦舟町(うらふねちょう、は神奈川県横浜市南区町名[5]。現行行政地名は浦舟町1丁目から浦舟町5丁目(字丁目)で、住居表示は未実施[6]郵便番号は232-0024[3]。面積は0.109km2[1]

地理[編集]

南区の北東部に位置する。幹線道路(大桟橋浦舟線)に沿った東西に細長い町域を持ち、関内に近い東が1丁目となっている。北は白妙町、東は大桟橋浦舟線の北側が真金町・同南側が万世町、南は中村川(その上部に首都高速神奈川3号狩場線)を挟み中村町と接する。境界の中村川には三吉橋、浦舟水道橋、道場橋、久良岐橋がかかる。浦舟水道橋のトラスは同川下流の西之橋から移設されたもので、かながわの橋100選および横浜市認定歴史的建造物に認定されている。西は首都高速阪東橋出入口を挟み高砂町と接している。このランプウェイは新吉田川の川跡で、下部は公園となっている[5]

歴史[編集]

町域の大部分は、古くは大岡川河口の入り江で、江戸時代吉田勘兵衛により吉田新田として開墾された土地である。かつての中区南吉田町字南四ツ目・南五ツ目・南川外の各一部と三吉町字5丁目から1928年昭和3年)9月1日に新設された。1943年に中区から南区が分離した事により、南区浦舟町となる。1944年に、横浜市立医学専門学校(現 横浜市立大学医学部)が開校。十全病院は、その附属病院となった。同年に人員疎開重点地域に指定されるとともに4丁目の十全病院が建物疎開地域に指定された。1945年5月に、横浜大空襲により被災[7]

横浜市立大学付属病院は1999年に新病院棟が完成し、2005年横浜市立大学附属市民総合医療センターと名称を改めた。2016年2月には、花之木町から浦舟町2丁目の横浜市立大学医学部浦舟校舎跡地に南区総合庁舎が移転した。

地名の由来[編集]

近隣に白妙町・高根町があることから、山部赤人の歌「田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ」にちなむとする説と、高砂町に隣接することから、謡曲「高砂」の一節から採られたとする説がある[8][7]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
浦舟町1丁目 766世帯 1,041人
浦舟町2丁目 247世帯 373人
浦舟町3丁目 382世帯 491人
浦舟町4丁目 123世帯 235人
浦舟町5丁目 267世帯 445人
1,785世帯 2,585人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
浦舟町1丁目 全域 横浜市立南吉田小学校 横浜市立横浜吉田中学校
浦舟町2丁目 全域
浦舟町3丁目 全域 横浜市立共進中学校
浦舟町4丁目 全域
浦舟町5丁目 全域

施設[編集]

市大センター病院

町の東端の1丁目と真金町との境は、大通り公園まで続く横浜橋通り商店街、その南側の万世町との境は三吉橋通り商店街で、3・4丁目の境は医大通り。商店はこの3つの商店街に集中している。2丁目には、区役所や土木事務所、消防署などからなる南区総合庁舎が2016年に完成し、向かいには横浜浦舟郵便局がある。4丁目には横浜市立大学附属市民総合医療センター(通称 市大センター病院)、3丁目の隣接地には主に同院の入院患児を対象とした横浜市立浦舟特別支援学校がある。

交通[編集]

1928年横浜市電が開通し、三吉橋と浦舟町の停留所が設けられたが、1972年に廃止された。現在町内に鉄道駅はないが、南区総合庁舎では徒歩約8分の横浜市営地下鉄ブルーライン阪東橋駅を最寄り駅として案内している[10]。浦舟町バス停からは、横浜駅関内地区と磯子駅方面を結ぶ京浜急行バス、横浜駅などと磯子区滝頭を結ぶ横浜市営バス桜木町駅保土ヶ谷駅二俣川駅を結ぶ相鉄バスが利用可能である。南区総合庁舎が移転した2016年2月から1年間の予定で、同庁舎と区内の最戸六ツ川、南永田を結ぶシャトルバスも試験運行されている。

1丁目から5丁目まで、大さん橋横浜公園方面から鎌倉街道の南側に並行して国道16号につながる主要地方道大桟橋浦舟線(市道山下高砂線)[11]が東西に貫き、2・3丁目の境は西区浜松町方面に至る藤棚浦舟通りが南北に通る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1049-1050
  6. ^ 横浜市南区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年7月18日閲覧
  7. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p153
  8. ^ 『横浜の町名』p84
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  10. ^ 南区役所のご案内
  11. ^ 横浜市行政地図情報提供システム

参考文献[編集]

  • 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日、153,1049-1050頁。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月、153頁。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、17頁。ISBN 978-4-398-62683-7。