浮かれ坊主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浮かれ坊主(うかれぼうず)は、文化8年(1811年)3月、江戸市村座三代目坂東三津五郎が初演した七変化舞踊「七枚続花の姿絵」の中のひとつ、常磐津「願人坊主」を原曲として、六代目尾上菊五郎清元に改作し、昭和4年(1929年)6月東京歌舞伎座で上演した歌舞伎舞踊である[1]

悪玉おどり。葛飾北齋『踊獨稽古』 (雙鶴堂鶴屋金助, 文化12 (1815))
1956年(昭和31年)9月。大阪歌舞伎九月興行。四代目 坂東鶴之助(五代目 中村富十郎)による舞踊「うかれ坊主」。

「七枚続花の姿絵」の三津五郎の願人坊主同様、江戸時代に坊主のなりをしてちょっとした芸を見せて物乞いをしていた願人坊主を模し、派手な色もののふんどしに黒の法衣という滑稽な半裸姿でまぜこぜ踊りを演じ、人気を博した。銭錫杖(金属の錫杖の代わりに竹の先に小銭をつけて音が出るようにしたもの[2])と水桶を持ち、門口に立って物乞いをしたり、女性関係で失敗して落ちぶれた自分の身の上話を面白おかしく見せた後、江戸時代に流行していた悪玉踊り(悪の字が書かれた面を付けた軽快な踊りで、心学善玉悪玉の考えに基づく)を踊る[3]

脚注[編集]

  1. ^ 六代目尾上菊五郎の「うかれ坊主」について丸茂祐佳、舞踊學 1993(15), 1-11, 1993
  2. ^ 演目豆知識阪東三津五郎公式ホームページ
  3. ^ 歌舞伎舞踊の作品と表現 あらすじ五十選 うかれ坊主独立行政法人日本芸術文化振興会文化デジタルライブラリー