浮田国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
浮田国造
No image available.svg
本姓 吉弥侯部氏
家祖 賀我別王
種別 皇別
出身地 大倭国
主な根拠地 浮田国
(のちの陸奥国宇多郡行方郡
著名な人物 #人物を参照
支流、分家 針間鴨国造
上毛野国造
下毛野国造
凡例 / Category:日本の氏族

浮田国造(うきたのくにのみやつこ、うきたこくぞう)は、浮田国陸奥国東部)を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

氏族[編集]

吉弥侯部氏(きみこべうじ、は不明)で、上毛野氏下毛野氏、針間鴨国造などと同族。

本拠[編集]

支配領域[編集]

国造の支配領域は当時浮田国と呼ばれた地域、後の律令国陸奥国宇多郡行方郡、現在の福島県相馬市南相馬市相馬郡新地町、同郡飯舘村に相当する。浮田国造が設置された同時代には、北西部に伊久国造伊具郡)、南部に染羽国造(標葉郡)が置かれた。

大化の改新後に全国的に評制が実施された際、宇多川流域が宇多評に、新田川流域が行方評になったと見る説がある[1]

氏神[編集]

宇多郡唯一の式内社名神大社子眉嶺神社

[編集]

系譜[編集]

豊城入彦命
 
 
八綱田命
 
 
彦狭島王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御諸別王
景行朝至毛野)
夏花命
(景行朝九州征伐)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大荒田別命
神功朝新羅征伐)
市入別命
成務朝定賜針間鴨国造)
鹿我別命
(同朝定賜浮田国造
表刀古命
(物部君祖)

脚注[編集]

  1. ^ 平川南『東北「海道」の古代史』岩波書店、2012年、122頁。
  2. ^ 宝賀寿男吉弥侯部姓斑目氏の系譜」『古樹紀之房間』、2016年。

関連項目[編集]