浮田秀真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浮田 秀真(うきた ひでまさ、寛永元年(1661年) - 正徳3年1月8日1713年2月2日))は、江戸時代中期の人物。八丈島に配流となった宇喜多一族。父は浮田秀律。子に秀徳、継栄、継高継真。弟に継治、継善。

生涯[編集]

寛永元年(1661年)、浮田半平家の当主浮田秀律の長男として生まれる。

父の死後、家督を相続するも、元禄11年(1698年)に秀心(ひでなか、秀真の異母弟か?)に家督を譲る。

正徳3年(1713年)、島内で大流行した天然痘により死去(戒名は、証誉了真居士)。長男秀徳は宇喜多嫡家(孫九郎家)を継ぎ、継栄は浮田半六家、継真は浮田半七家を興す。

参考文献[編集]

  • 立石定夫『戦国宇喜多一族』(新人物往来社、1988年)ISBN 978-4-404-01511-2
  • 近藤富蔵 『八丈実記 第1巻-第7巻』 緑地社、1964-1976。