海を越えた家族愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海を越えた家族愛』(うみをこえたかぞくあい)は、テレビ東京系列局および系列外の静岡放送岐阜放送で不定期放送されているテレビ東京製作のドキュメンタリー番組である。テレビ東京系列局では2001年10月8日から放送[1]。2008年4月30日放送分までは『徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛』というタイトルだった。

番組は、依頼者がゲストリポーター(番組内では「サポーター」と呼称)とともに、様々な事情で離れ離れになった家族・親戚・友人を探し出す模様を放送。2008年4月30日放送分をもって一度中断していたが、4年間のブランクを経て2012年から再び放送されている。

出演者[編集]

キズナ応援隊隊長[編集]

キズナ応援団[編集]

進行[編集]

  • 大江麻理子(当時テレビ東京アナウンサー) - 第5回・第8回
  • 大橋未歩(テレビ東京アナウンサー) - 第6回・第7回・第9回・第10回
  • 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー) - 第11回
  • ほか

タイトル・放送日時[編集]

回数 タイトル 放送日 日時 ゲストサポーター
第1回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 2001年10月8日 月曜 19:00 - 20:54
第2回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 II 2002年10月7日 月曜 19:00 - 20:54
第3回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 III 2003年10月6日 月曜 19:00 - 20:54
第4回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 IV 2004年3月21日 日曜 19:54 - 21:54
第5回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 V 2004年9月26日 日曜 19:54 - 21:48 西村知美石田純一小西博之
番外編 徳光和夫の感動スペシャル〜サヨナラまでの1ヶ月 2005年4月17日 日曜ビッグバラエティ (テレビ東京)日曜 20:00 - 21:48 西田知美、藤田弓子鈴木紗理奈泉谷しげる赤井英和
第6回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 VI 2005年10月9日 熊谷真実松崎しげるカイヤ有坂来瞳
第7回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 VII 2006年6月25日 西村知美、松崎しげる
第8回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 2006年12月27日 水曜 18:30 - 20:55 熊谷真実、風見しんご大八木淳史
第9回 徳光和夫の世界感動スペシャル 海を越えた家族愛 2008年4月30日 水曜 19:00 - 20:55 西村知美、長谷川初範益子直美
第10回 海を越えた家族愛 2012年2月13日 月曜 20:00 - 21:54 宇梶剛士西村和彦
第11回 海を越えた家族愛 2013年2月11日 月曜 20:00 - 21:54 宍戸開にしおかすみこ辺見マリ[2]

スタッフ[編集]

第11回[編集]

  • ナレーション:斉藤茂一鈴木麻里子
  • 構成:平村隼人、桜井すぺいし
  • TD:田中圭介(テレビ東京)
  • 映像:小峰信彦
  • カメラ:西村光平、千秋裕史、山岸慶太郎、末永尚享
  • 音声:星川真視
  • 照明:高柴圭一
  • デザイン:宇津木民雄
  • 美術進行:早乙女裕之
  • 編集:賀古勝利
  • MA:森司朗
  • 音効:齊藤俊郎
  • CG:近藤恵嗣
  • 番宣:野上次郎(テレビ東京)
  • メイク:山田かつら
  • リサーチ:高橋勝喜・若林剛樹(JFK)
  • ロケ技術:山本洋、前田浩伸、西久保徹、福永新一郎
  • 技術協力:テクノマックステレビ東京アートジェイ・クルー、ジーリンクスタジオ
  • デスク:吉田麻紀子(テレビ東京)
  • AP:松浦あゆみ
  • AD:柏木大輝、吉澤弘尊
  • FD:板川侑右(テレビ東京)
  • ディレクター:依田穣、森本泰介(テレビ東京)、井上陽史
  • 演出:末永剛章(テレビ東京)、井上光紀
  • プロデューサー:塩原幸雄(テレビ東京)、白川ゆうじ
  • 統括プロデューサー:田中智子(テレビ東京)
  • 制作協力:TVBOX
  • 制作著作:テレビ東京

脚注[編集]

  1. ^ 業務実績 | タイミカサ”. タイミカサ株式会社. 2014年10月6日閲覧。
  2. ^ 依頼人として出演。