海上八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
海上八幡宮
海上八幡宮 拝殿
所在地 千葉県銚子市柴崎町1-17
位置 北緯35度44分51.806秒
東経140度47分11.846秒
座標: 北緯35度44分51.806秒 東経140度47分11.846秒
主祭神 八幡大神神功皇后比売大神
社格 郷社
テンプレートを表示

海上八幡宮(うなかみはちまんぐう)は、千葉県銚子市柴崎町にある八幡宮である。旧社格は郷社。

祭神[編集]

由緒[編集]

社伝によれば、807年大同2年)白鷺がしきりと鳴き、この地に落とした八幡大菩薩の尊像を祀ったのに始まる。

  • 宇佐八幡を勧請したとも伝わり、総社八幡宮、柴崎八幡宮とも称する。
  • 源頼朝が石橋山の戦い後、当社に祈願し鎌倉に開幕とともに現在地に遷座、造営。
  • 中世には千葉氏海上氏、東氏などの諸武将が崇敬、寄進していた。
  • 徳川家康、江戸幕府からの朱印状
  • 江戸時代は社領30石を有し海上郡60余郷の総鎮守、総社八幡であった。
  • 稲荷大神が併祀

文化財[編集]

  • 県指定有形文化財
    • 本殿