海上自衛隊の個人装備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海上自衛隊の個人装備(かいじょうじえいたいのこじんそうび)では、海上自衛隊の個人装備に関して記載する。

服装[編集]

戦闘服装[編集]

まず海上自衛隊隊員の基本的な「戦闘服装」と呼称される服装は以下のようなものである。

  • 作業服に作業帽を着用する(絶対にあご紐をかける)
  • 右臀部のズボンポケットに軍手を入れる。
  • ズボンベルト後ろ側にフェイスタオルか手ぬぐいをかけ、左臀部のズボンポケットに入れておく。
  • 両足の靴下の中にズボンの裾を入れるか、専用ゴムバンドを使用し裾を絞っておく。
  • 靴は通常の短靴1型を着用する。

当直員対処で編成される防火隊や、一部不在時の応急隊編成時、艦艇の出入港および航海中には、特にこの服装を求められる。「戦闘服装を整える」という場合には上記服装が着用される。

作業その他[編集]

艦艇部隊においては「戦闘服」という服が部隊被服扱いで貸与されていることがある。これは幹部用とも旧型の作業服と同様の形状のもので、左肩には「MSDF」と書かれたワッペンが貼ってある。

ほか、酷暑用や著しく汚損する整備作業専用の作業服などがある。

平成24年度より、アメリカ海軍NWU様のデジタルドットパターンの「陸上戦闘服2型」および「戦闘帽」が導入された。裁断はおおむね陸上自衛隊迷彩服3型航空自衛隊の新型作業服と同様であるが、上衣などがファスナー止めである他、海曹以上で階級章は襟に佩用する。

警備用[編集]

自隊警備(陸上警備含む)などの場合には、乙武装と甲武装との服装が用いられる。

乙武装は以下の装備を着用する。

  • 作業服に作業帽を着用する。
  • 軍手とフェイスタオルか手ぬぐいを着用する。
  • 靴は陸警靴(りっけいぐつ、陸上自衛隊の半長靴と同じ)もしくは短靴に脚絆を着用する。
  • 弾帯をつける。艦艇以外のその他部隊では、陸自の旧作業服と同様の服を、陸警服と称し貸与している場合がある。

甲武装は以下の装備を着用する。

  • 幹部、の各制服装。
  • 脚絆、弾帯、鉄帽を装備する(観閲行進時の服装に鉄帽をかぶる格好)。

海上自衛隊では、護衛艦陸警隊戦闘用の個人装備を配備している。

基本的に被服・装具は黒色だが、陸警隊には迷彩服2型が支給されている。

火器[編集]

はつゆき型護衛艦2番艦「しらゆき」内の12.7mm重機関銃M2用武器庫
中央に9mm拳銃と64式小銃も展示されている

特別警備隊用[編集]

被服[編集]

  • 立入検査服
  • 迷彩服2型(陸上戦闘服,1形)
  • 特別警備服
  • 陸上戦闘帽,2形
  • 陸上戦闘服,2形
  • 陸上戦闘服外衣,2形
  • 半長靴,2形(陸自のものとは異なる)
  • 顔面覆
  • 立入検査帽
  • 立入検査手袋
  • 半長靴
  • 立入検査靴
  • 防寒服装一式

装具[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年6月28日の公開訓練で使用している。
  2. ^ 軍事専門誌「J-GROUND」Vol.16に掲載された写真で確認された。
  3. ^ 防衛省装備施設本部のサイトに掲載されていた20年度調達予定品目に「研究・評価用弾薬等購入(HK-416用弾薬(フランジブル弾等)」との記述があった。現在はページが消えており閲覧できない。
  4. ^ http://plaza.rakuten.co.jp/simohusakai/7000
  5. ^ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/231487/
  6. ^ http://www.asagumo-news.com/news/200903/090312/09031204.html
  7. ^ http://www.asagumo-news.com/news/200902/090226/09022603.html
  8. ^ http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2007/2007/image/jc38100p.png

関連項目[編集]