海士町立福井小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海士町立福井小学校

Ama Town Fukui Elementary School ac.jpg

国公私立の別 公立学校
設置者 海士町
併合学校 海士町立御波小学校
海士町立知々井小学校
海士町立崎小学校
海士町立福井小学校
設立年月日 1983年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 684-0404
島根県隠岐郡海士町大字福井394番地2
公式サイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

海士町立福井小学校(あまちょうりつ ふくいしょうがっこう)は、島根県隠岐郡海士町にある市立小学校。海士町立海士小学校とともに海士町に2校ある小学校の片方である。2003年度の児童数は69人だった(もう一方の海士小学校は60人)[1]

特色[編集]

隠岐諸島島前にある海士町は、『ないものはない』をキャッチコピーに掲げる人口約2,300人の町である[2]。「島前高校魅力化プロジェクト」を始めとして、保育園から高校までの一貫した「島まるごと教育の魅力化」に取り組んでいる[2]。海士町は全域が海士町立海士中学校の学区である[3]

海士町は2017年度(平成29年度)から、小学生と中学1・2年生を対象にした「親子島留学」を行っている[4]。親子で海士町に居住して海士町内の小中学校に通う制度であり、年間3組程度を募集している[4]

沿革[編集]

福井小学校[編集]

  • 1874年(明治7年) - 海士村立菱浦小学校が開校
  • 1893年(明治26年) - 菱浦小学校が海士村立福井尋常小学校に改称。
  • 1906年(明治39年) - 海士村立中小学校が開校。
  • 1925年(大正14年) - 現在の海士中学校の校地に海士村立中尋常小学校が移転。
  • 1955年(昭和30年) - 中小学校と福井小学校が統合されて海士村立福井小学校が開校。
  • 1969年(昭和44年) - 海士町町制施行により海士町立福井小学校に改称。

崎小学校[編集]

  • 1873年(明治6年) - 海士村立崎小学校が開校。
  • 1904年(明治37年) - 多井分教場が崎尋常小学校に統合。
  • 1969年(昭和44年) - 海士町の町制施行により海士町立崎小学校に改称。

知々井小学校[編集]

  • 1873年(明治6年) - 海士村立知々井小学校が開校。
  • 1969年(昭和44年) - 海士町の町制施行により海士町立知々井小学校に改称。

御波小学校[編集]

  • 1873年(明治6年) - 海士村立太井小学校・海士村立須賀小学校・海士村立布施小学校が開校
  • 1889年(明治22年) - 太井簡易小学校が布施に移転して海士村立布施簡易小学校に改称。
  • 1944年(昭和19年) - 国民学校御波分教場に改称。
  • 1951年(昭和26年) - 海士村立御波小学校に改称。
  • 1969年(昭和44年) - 海士町の町制施行により海士町立御波小学校に改称。

4校統合後[編集]

  • 1983年(昭和58年) - 御波小学校、知々井小学校、崎小学校、福井小学校が統合して福井小学校の校地が存続。
  • 1999年(平成11年) - 大規模改修工事終了。
  • 2012年(平成24年) - 「子どもの読書活動優秀実践校」として文部科学大臣表彰。
  • 2015年(平成27年) - 新校舎が竣工。

通学区域[編集]

  • 海士町
    • 菱浦、福井、西、中里、保々見、知々井、御波、多井、崎、須賀地区[3]

進学先中学校[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小学校の学校別児童数、学級数及び教員数 島根県
  2. ^ a b 海士町について 海士町
  3. ^ a b 小中学校通学区域規則 平成7年4月1日海士町教育委員会規則第10号 改正 平成8年12月2日教委規則第1号
  4. ^ a b 親子島留学 海士町