海外安全キャンペーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

海外安全キャンペーン(かいがいあんぜんきゃんぺーん)とは、日本人が海外で安全に旅行、滞在できるように集中して実施する啓発活動及びその期間。

2002年(平成14年)に外務省が従来実施していた「海外安全週間」について実施期間の拡大に合わせて改称したもの。毎年7月1日7月31日。海外渡航シーズンである夏休みを控えた7月に実施している。

海外渡航者数の増加に伴い日本人が海外で事件・事故等に巻き込まれるケースが増えていることから、渡航者自身が渡航先の情報を入手し「自分の身は自分で守る」意識を持つことの必要性を啓発している。

期間中は特に、海外で日本人が標的になり易い犯罪の周知や現地の法律の遵守、文化・風俗・慣習への配慮を促している。

歴史

「海外安全週間」は1993年(平成5年)より年一回不定期に実施されていた。

1999年(平成11年)に6月の第4週と定められ、2001年(平成13年)には年末年始の旅行シーズンを前に11月第4週との2回実施された。

2002年(平成14年)に海外安全キャンペーンとして6月1日–7月31日の2ヶ月間を設定した。以後、2003年(平成15年)は12月1日12月31日2004年(平成16年)以降は7月1日–7月31日の期間で実施されている。

関連項目

今日は何の日(11月19日

もっと見る

「海外安全キャンペーン」のQ&A