海岸平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海岸平野(かいがんへいや)は、海岸付近に見られる砂浜海岸より比較的大きな地形である。

概説[編集]

狭義でいう海岸平野は、主に海の営力によって形成された遠浅の海底の堆積面が、隆起または海面低下によって上昇し、海岸線に平行して形成された平野である[1]。広義では、海に面しない内陸部にある平地(盆地)に対して海に接する平野全般を海岸平野という場合もある。ただ、この場合は、海の営力によらず、河川の営力によって形成されたものも多く含まれる。

日本の海岸平野の例[編集]

新潟平野(越後平野)、九十九里浜(千葉県)、宮崎平野など。 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 沿岸海域土地条件図 地形区分等”. www.gsi.go.jp. 国土地理院. 2020年5月8日閲覧。