海徳寺 (品川区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

海徳寺(かいとくじ)は、東京都品川区南品川にある日蓮宗の寺院。自覚山松陽院。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、脱師法縁。境内には軍鑑千歳殉難者之碑、ホームラン地蔵がある。

歴史[編集]

大永2年(1522年)自覚院岸日性(鳥海和泉守、子孫に名主の利田吉左衛門等がいる)が松陽院日増(天文14年(1545年)没)を開山に自邸を寺に改めた。現在の本堂は、寛延4年(1751年)再建で品川区内最古級の木造建築である。

仏像等[編集]

  • 釈迦生誕像 長谷川昂作。本堂右側に祀る。
  • ホームラン地蔵 バットを抱きボールを持つ地蔵菩薩像。王貞治がホームランの世界記録樹立時にも報告に訪れた少年の墓である。

参考資料[編集]

  • 日蓮宗寺院大鑑編集委員会『宗祖第七百遠忌記念出版 日蓮宗寺院大鑑』大本山池上本門寺 (1981年)

座標: 北緯35度36分58.4秒 東経139度44分34.6秒 / 北緯35.616222度 東経139.742944度 / 35.616222; 139.742944