海津正倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海津 正倫(うみつ まさとも、1947年昭和22年)[1] - )は、日本の地理学者。専門は、自然地理学地形学第四紀学自然災害研究。奈良大学文学部教授名古屋大学名誉教授東京大学客員教授理学博士

経歴[編集]

研究内容[編集]

  • 沖積低地の地形発達史
  • 第四紀末期の環境変動史
  • 地球規模の環境変化と海岸環境
  • 平野/海岸域の自然災害

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『沖積低地の古環境学』古今書院、1994

共著・編著[編集]

翻訳[編集]

論文・分担執筆図書等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 海津正倫のホームページ”. 2019年2月6日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース