海田市駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海田市駐屯地
駐屯地正門
駐屯地正門
所在地 広島県安芸郡海田町寿町2-1(大代表)
座標 北緯34度21分30秒
東経132度31分54秒
駐屯地司令 第13旅団副旅団長 兼務
主要部隊 第13旅団司令部
第46普通科連隊
第47普通科連隊ほか
開設年 1950年
テンプレートを表示

海田市駐屯地(かいたいちちゅうとんち、JGSDF Camp Kaitaichi)は、広島県安芸郡海田町寿町2-1・広島市安芸区矢野に所在し、第13旅団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。最寄の演習場は、原村演習場。駐屯地司令は、第13旅団副団長が兼務。

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年):大日本帝国陸軍被服支廠海田市倉庫となる
  • 1945年(昭和20年):連合国軍により接収
  • 1946年(昭和21年):イギリス連邦占領軍により使用
  • 1950年(昭和25年):イギリス連邦占領軍による接収解除。駐屯地開設
  • 1954年(昭和29年)7月1日:1952年(昭和27年)保安隊を経て、陸上自衛隊へ移管[1]
  • 昭和37年1月:第13師団編成完結、第8普通科連隊が米子に移駐 第13施設大隊、第13補給隊、第13衛生隊、第13武器隊及び第13通信大隊が他の駐屯地から移駐 (昭和31年9月30日、海田市と東海田の両町が合併し海田町が発足、海田市町は無くなったが駐屯地及びJR駅名にはそのまま海田市の名が残っている。)
  • 昭和45年3月:第46普通科連隊の新編
  • 昭和50年8月:第13音楽隊の新編
  • 平成3年3月:第13後方支援連隊の新編
  • 1999年(平成11年)3月26日:第13師団が旅団に改編(詳細は当該記事にて)

   第47普通科連隊の新編

  • 平成20年3月:第47普通科連隊が中部方面混成団隷下となる。第13対戦車中隊及び後方支援隊の対戦車直接支援班を廃止。
  • 平成25年3月:第13化学防護隊の新編
  • 平成26年3月:第13施設中隊を第13施設隊に、第13通信中隊を第13通信隊に、第13化学武器防護隊を第13特殊武器防護隊にそれぞれ改編。    

駐屯部隊[編集]

第13旅団隷下部隊[編集]

中部方面総監隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月14日閲覧。