海老井英次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海老井 英次(えびい えいじ、1938年12月17日 - )は、日本近代文学研究者。2001年以降九州大学名誉教授[1]

略歴[編集]

東京市(現新宿区)生まれ。1962年九州大学文学部仏文科卒、1966年同国文科卒、1986年「大正時代,個人主義文学展開の中軸としての芥川龍之介の作品研究」[2]文学博士。九大国文科助手、純真女子短期大学講師、大分工業高等専門学校講師、北九州大学助教授、九州大学教養部助教授、教授、2001年定年退官、名誉教授、京都女子大学教授[3]。2009年退職。芥川龍之介が専門。

著書[編集]

単編著[編集]

  • 『鑑賞日本現代文学 第11巻 芥川龍之介』 角川書店1981年7月。ISBN 978-4045808111。
  • 『芥川竜之介論攷 自己覚醒から解体へ』 桜楓社1988年1月。ISBN 978-4273022211。
  • 『芥川龍之介〈1〉 (近代文学注釈叢書)』 有精堂出版、1990年8月。ISBN 978-4640303240。
  • 『ふるさと文学館 第四六巻 福岡 I』 ぎょうせい1994年1月1日。ISBN 978-4324038130。
  • 『ふるさと文学館 第四七巻 福岡 II』 ぎょうせい1995年7月1日。ISBN 978-4324038147。
  • 『芥川龍之介作品論集成 第2巻 地獄変 歴史・王朝物の世界』 翰林書房、1999年10月。ISBN 978-4877370824。
  • 『開化・恋愛・東京 漱石・龍之介』 おうふう2001年3月。ISBN 978-4273031589。
  • 『芥川龍之介 人と文学』 勉誠出版2003年8月15日。ISBN 978-4585051619。

共編著[編集]

  • 『芥川竜之介』編著 桜楓社 1973
  • 海老井英次、宮坂覺 『芥川竜之介 (作品論)』 双文社出版、1990年12月。ISBN 978-4881642047。
  • 宮島資夫(著)、海老井英次(編) 『編年体大正文学全集〈第5巻〉大正五年』 ゆまに書房2000年11月。ISBN 978-4897148946。
  • 原武哲、海老井英次石田忠彦 『夏目漱石周辺人物事典』 笠間書院2014年7月28日。ISBN 978-4305707222。

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介”. 九州大学大学院. 2017年3月11日閲覧。
  2. ^ NAID 500000002428
  3. ^ 『現代日本人名録』2002年