海老名南ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
海老名南ジャンクション
E1A Shin-Tomei Expwy JD19l14d.JPG
所属路線 E1A 新東名高速道路
IC番号 1
起点からの距離 0.0 km(海老名南JCT起点)
(1.5 km) 厚木南IC
所属路線 C4 首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
起点からの距離 7.8 km(茅ヶ崎JCT起点)
寒川北IC (2.7 km)
(1.6 km) 海老名JCT
供用開始日 2018年1月28日[1]
所在地 243-0426
神奈川県海老名市門沢橋
テンプレートを表示

海老名南ジャンクション(えびなみなみジャンクション)は、神奈川県海老名市門沢橋にある新東名高速道路首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路)を結ぶジャンクションである[2]

圏央道は当JCTから久喜白岡JCTまで、新東名は当JCTから厚木南ICまでの区間が、事業認可で定められた大都市近郊区間になる。

本JCTから海老名ICの間は、正式には東名高速道路第一東海自動車道)の支線(海老名支線)扱いとなるため、本線やランプウェイには「ここから一般有料道路」「ここから高速自動車国道」等の標識が設置されている。

新東名高速道路は当JCTから横浜方面へ延伸出来る構造になっており、約300m東のJR相模線との交差直前まで土地が確保されている(NEXCO中日本が管理する空き地)が、当JCT以東は基本計画区間であり、具体的なルートや開通時期などは未定である。

歴史[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E1A 新東名高速道路
(1) 海老名南JCT - (2) 厚木南IC
C4 首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
(27) 寒川北IC - (1) 海老名南JCT - (4-2) 海老名JCT

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 新東名・海老名南-厚木南、開通遅れ 17年度末に”. カナロコ. 株式会社 神奈川新聞社 (2016年4月22日). 2018年1月28日閲覧。
  2. ^ 圏央道(さがみ縦貫道路)”. 相模原市. 2017年1月8日閲覧。
  3. ^ さがみ縦貫道路のインターチェンジ名称が決定しました”. 国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所/相武国道事務所/中日本高速道路株式会社 東京支社 厚木工事事務所/東京工事事務所 (2012年5月15日). 2015年5月30日閲覧。
  4. ^ 圏央道 寒川北IC〜海老名JCT間が3月8日(日)21時に開通します(第2報)”. 国土交通省/中日本高速道路株式会社 (2015年2月25日). 2015年5月30日閲覧。
  5. ^ E1A 新東名高速道路 海老名南JCTから厚木南IC間が 2018年1月28日(日)15時に開通します。 〜物流の効率化による生産性向上と地域開発の促進が期待されます〜”. 中日本高速道路株式会社 (2017年12月20日). 2017年12月20日閲覧。