海老澤為次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海老澤為次郎

海老澤 爲次郎[1]海老沢 為次郎、えびさわ ためじろう、1865年10月1日(慶応元年8月12日[2]) - 1944年昭和19年)2月13日[3])は、日本の政治家衆議院議員立憲民政党[4]茨城県会議員・同副議長・同議長[4]商人呉服商)[1][5][6]、会社重役[4]上毛モスリン監査役[1][5][6]

人物[編集]

茨城県・海老澤七三郎の二男[1][5][6]1888年家督を相続[1][6]。呉服商を営む[1][5][6]。境商業銀行頭取[1]、境町会議員、同学務委員、境町外十七箇村組合会議員、同町農会長、猿島郡農会議員、茨城県会議員・同副議長・同議長に挙げられた[4]。趣味は談論[1]、読書、政治研究[6]。宗教は真言宗[1][5][6]。住所は茨城県猿島郡境町、東京市下谷区上野桜木[1][5][6]

家族・親族[編集]

海老澤家 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『人事興信録 第13版 上』エ18頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月28日閲覧。
  2. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、13頁。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』103頁。
  4. ^ a b c d 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』331頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第12版 上』エ23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録 第14版 上』エ18頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。