海藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海中のワカメ

海藻(かいそう、: Seaweed)は、藻類のうち容易に肉眼で判別できる海産種群の総称[1]

概説[編集]

海上から見たケルプの森

藻類には海産のものと淡水産のものがあり、このうち海藻は海産種群を指す[1]。ただし、いわゆる微細藻類は含めず、肉眼的な大きさのものを指すことが多い[2]

これとは別にアマモのように海産植物ではあるが陸上植物と同様に根・茎・葉を有し、花を咲かせる種子植物もある。これらには「海草」の字が当てられ、海藻とは区別される[1]。海水域に生息する種子植物はアマモ類などの非常に限られた種類だけであり、その生息環境も沿岸部での限定的なものである。多くの海草が砂泥底に生育するのも海藻とは大きく異なる。

海藻は系統学的には異質な複数の分類群から成り立つ。これを反映して形態をはじめ生物学的な性質には大きな多様性が見られる。

生態[編集]

様々な形の海藻

潮間帯から深さ数十mの海底にまで生息する。一般に、緑藻が浅いところに、紅藻が最も深いところまで生息すると言われる(補色適応説)。1mを超えるような大型種は褐藻類に見られる。また、熱帯の海では大型の海藻は少なく、寒い地方に大型の海藻が多い。ほとんどの種が海底に根のような構造で固着しているが、ある時期が来ると根元から離れて海面を漂う種も存在する。そのようなものが固まって流れているのを流れ藻と呼んでいる。また、大部分は岩の上に張り付くように根を張っているので、海藻は圧倒的に岩礁海岸に多い。

温帯では一般に海藻の活動が盛んなのは春から初夏で、それ以降は不活発になってしまう。これは肥料分が制限要因となっており、冬季に微生物の活動等で蓄積された肥料分が使い尽くされるまでが活動のピークとなるからと言われる。

役割[編集]

沿岸海域においては重要な生産者であることは論じるまでもなく明らかである。しかし、それ以上に海底地形を複雑にし、生物環境を多様にする意味が大きい。海洋は均一な水の連続であり、多くの海底は比較的単純な地形をしている。その中でサンゴや海藻のように海底から細かく枝分かれした突出部を作る生物は、複雑な足場を提供することで環境の多様性を向上させ、小さな動物の住みかを多く提供するものである。岩礁海底の海藻の群落は藻場と呼ばれて、多くの魚類の稚魚のよりどころとなっている。

平成に入って、日本各地でこのような藻場の衰退が聞かれるようになった。このような現象を磯焼けと呼んでおり、沿岸漁業にとっても重要な問題と考えられ、現在その原因や解消法が研究されている[3]鉄鋼スラグの加工物を沈めて海藻を根付かせるといった対策が実施されている[4]

また海藻は温暖化ガスの一つである二酸化炭素を吸収する。このため藻場づくりやコンブの養殖は、青い(ブルー)海で二酸化炭素(カーボン)を吸収するという意味で、海草や塩性湿地マングローブとともに「ブルーカーボン」と呼ばれる(陸上植物による光合成は「グリーンカーボン」)[5]

利用[編集]

食用[編集]

ミヨックッ(朝鮮ワカメ汁)
レイヴァーブレッド(パンにディップした西洋ノリ)
干したダルス

海藻には水溶性食物繊維が豊富に含まれており[6]、水溶性食物繊維は食後の血糖値の急激な上昇を抑制する[7]。人間に必要な多種の栄養素を含んでいる。

日本では海藻は食材として重要である。だし取りや煮物の素材としてのコンブ、漉いて紙状に乾燥させたり佃煮や汁物の具材に用いる海苔、汁物や煮物の具材としてのワカメ寒天心太(ところてん)にして供されるテングサ、主に煮付けとして供されるヒジキ、酢の物として供されるモズク、あるいは褐藻・紅藻・緑藻の種を問わず鮮魚の刺身の盛り合わせのツマとして大根の千切りや大葉などとともに彩りとして用いられるなど、日本料理の体系で中心的な位置を占める。

日本以外では、スコットランドアイルランドが突出した海藻食文化を持っている。ダルス、イボノリ、ヒバマタ、ツノマタ、トサカモドキ、アオサなど伝統的に多種の海藻を食していた。また、チリ沿岸に生息するDurvillaea antarctica(ダービリア、もしくはコチャユヨ)と呼ばれる海藻は、インディオの時代から汁物の具として盛んに食されていた。

欧米では海藻を食用にする習慣が少ないので、英語では海草と一緒に Seaweed(海の雑草)と呼ばれる。しかし、最近では欧米でもヘルシー志向が高まり、海藻を食材として利用する事例も増えており、Sea Vegetable(海の野菜)と呼ばれることも多い。

フランスの海洋生物学と海洋学の研究・教育機関「ロスコフ生物学研究所(Station Biologique de Roscoff)」の研究チームは、日本人の腸が海草に含まれる多糖類を分解できるのは、分解酵素を作る遺伝子を腸内に住む細菌が海洋性の微生物から取り込んでいるためだとする論文を発表し、2010年4月8日の英科学誌『ネイチャー』(Nature)に掲載された[8]

科学技術分野[編集]

  • テングサから作られる寒天培地は、基本的な培地として微生物や細胞の培養に用いられる
  • バイオエタノールの安価でかつ、他の食料としても使用される原料と競合しにくい安定した供給源としても有望視されている。東京水産振興会などが大規模なバイオエタノール採取用の海藻類養殖を計画している。
  • 化石燃料に変わる燃料として研究されている微細藻燃料
  • 一部の海藻はヨウ素を体内に蓄積する性質があり、かつて、ヨウ素は海藻の燃焼灰から抽出していた。現在は地下の化石海水からより安価に採取されているが、化石海水に含まれるヨウ素も海藻が起源との説もある。
  • 水槽用のろ過装置(en:Algae scrubber

肥料[編集]

岸に漂着した海藻

海岸付近の耕作地においては、古くから肥料として重用されてきた。海藻を肥料に用いるメリットとして有害な胞子昆虫類の雑草の種子等が混入しないこと、陸上の動植物起源の肥料よりもカリウムなどのミネラル成分、オーキシンなどの植物ホルモンに富むことが挙げられるため、農地への塩類集積等への懸念は残るものの有用性は高い。

歴史的に見てヨーロッパでは、2世紀に書かれたローマ時代の書物にも海藻の肥料利用が書かれているほか、12世紀には、イギリスやアイルランド、フランス、スペインなどの諸国で肥料への利用のため海藻類の養殖も行われている。現代においても、漂着した海藻を農地にすきこむ手法が地中海沿岸諸国、アフリカ諸国などで行われているほか、アメリカ合衆国などでは海藻から製造した液肥が広く販売されている。日本では、江戸時代伊豆半島テングサを肥料に利用が行われていたほか[9]1950年代には北海道襟裳岬の周辺で行われた公共事業(治山事業)において使用されている。

分類[編集]

代表的なものは以下の三つの群である。紅藻と緑藻はアーケプラスチダ(広義の植物)であるが、褐藻はストラメノパイルである。詳細については、各群の項を参照されたい。ここでは海藻として代表的なものを挙げる。

褐藻類:ウミトラノオ、コンブヒジキヒバマタホンダワラモズク、ラッパモク、ワカメ
紅藻類:アサクサノリテングサ
緑藻類アオサアオノリカサノリ、サボテングサ、フサイワヅタ、ミル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 杉田浩一編『日本食品大事典』医歯薬出版 p.285 2008年
  2. ^ 海藻とは何か”. 日本の海藻百選. 国立科学博物館. 2018年12月16日閲覧。
  3. ^ 磯焼け対策ガイドライン, 水産庁, (2015年3月), http://www.jfa.maff.go.jp/j/gyoko_gyozyo/g_hourei/pdf/isoyake2.pdf 
  4. ^ 海の砂漠化防ぐ鉄鋼スラグ コンブ復活、魚介も増加「海の森づくり」SankeiBiz掲載のブルームバーグ配信記事(2019年3月3日閲覧)。
  5. ^ 海草育ててCO2削減「ブルーカーボン」国内で動き読売新聞』夕刊2019年2月12日(社会面)2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 海藻の食物繊維に関する食品栄養学的研究、吉江由美子、『日本水産学会誌』Vol.67 (2001) No.4
  7. ^ 食物繊維の構造と機能、中山行穂、『生活衛生』Vol.35 (1991) No.1
  8. ^ Transfer of carbohydrate-active enzymes from marine bacteria to Japanese gut microbiota
  9. ^ 大野正夫、「海藻肥料」、堀輝三; 大野正夫; 堀口健雄編 『21世紀初頭の藻学の現況』山形市: 日本藻類学会、2002年、128–131頁http://sourui.org/publications/phycology21/materials/file_list_21_pdf/40Fertilizer.pdf 

関連項目[編集]