海軍暗号書D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

海軍暗号書D(かいぐんあんごうしょでい)は、日本海軍が用いた暗号書の一つ。

概要[編集]

日本海軍が使っていた数種(戦略常務用、戦術用、情報用、部外共用等)の暗号書のうち、戦略常務用(戦略行動・場面及び一般常務用)としてもっともよく用いられた戦略常務一般用暗号書[1]。暗号図書は、単語あるいは文節を5桁の数字に変換する暗号書と、5桁の乱数を並べた乱数表、使用規定の三部で構成される(それ以外に地点名をアルファベット2文字に変換する地点略号表があった)。1939年6月1日に導入された5桁の乱数式暗号は、更新を繰り返しながら昭和20年8月の終戦時まで使われており、「暗号書D」は1940年12月1日から「暗号書D改版」、1942年5月28日から「暗号書D壱」、1942年8月15日から「暗号書呂一」「暗号書呂二」「暗号書呂三」「暗号書波一」など複数となった 。またその間、乱数表も1939年9月1日からは「一般乱数表二号」、1939年12月1日から「一般乱数表三号」、1940年6月1日から「一般乱数表四号」・・・と更新を重ねた。ちなみに開戦となった真珠湾攻撃を聯合艦隊に命じた電文「新高山ノボレ一二〇八」は、「暗号書D改版」と「一般乱数表第七号」で暗号化された。アメリカ軍は1942年1月に撃沈した伊号124潜水艦から暗号書を引き揚げると、たちまち暗号解読の速度が上がったという話もあるが、現時点では、米豪海軍は回収できていなかったというのが定説である。しかしながら米海軍は「暗号書D改版」と「一般乱数表第八号」による日本海軍の暗号の解読に成功して、5月28日にそれらが「暗号書D壱」と「一般乱数表第9号」に更新された時には、すでにミッドウェー作戦の詳細な計画を掴んでいた。本来5月1日に予定されていた暗号の更新が28日に遅れたことがミッドウェー海戦等の敗因のひとつに挙げられている。[2]

1942年12月以降は、呂暗号書が全部隊で使用されることになった。これはD暗号が解読された可能性に対応したものではなく、ミッドウェー海戦で重巡洋艦三隈」が放置され、その最後を確認したものがいなかったためである。1943年2月のガタルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)が、米軍に撤退意図を気づかれることなく成功していることを見ても、この時期、日本軍の暗号の多くが解読されていたわけではない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮内寒彌『新高山登レ一二〇八』、六興出版、1975年、135頁。
  2. ^ 原勝洋、北村新三『暗号に敗れた日本 太平洋戦争の明暗を分けた米軍の暗号解読』、PHP研究所、2014年、137頁(海軍暗号書D)、202頁(暗号書の更新)、253頁(暗号図書の捕獲と回収)。

関連項目[編集]