海軍特別年少兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海軍特別年少兵』(かいぐんとくべつねんしょうへい)は、1972年8月12日に公開された日本映画

製作は東宝映画。上映時間は127分。東宝創立40周年記念作品。「東宝8.15シリーズ」最後の作品である。

あらすじ[編集]

昭和18年6月、神奈川県三浦郡武山村にある武山海兵団にまだ分別のつかない14歳の少年達が入隊してきた。彼らは皆純粋で母子家庭、孤児の姉弟、小作人である両親への仕送り、「一族皆、戦争のたび戦死した名誉にあやかれ」と寺の住職に説得された者と様々な理由で入隊してきた。当初は軍人にする事しか頭に無かった指導役の工藤上等兵曹も事情を知りいつしか彼らの父親代わりとして情が移り将来、出征を見届ける事に耐えられず前線に送ってもらうよう願い出る。しかし、少年兵と工藤の赴任先は共に硫黄島であり、敗北が決定的な状況で突撃を止めるように説得する工藤を振りきり少年兵達は目の前で突撃を敢行するのであった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

『湯けむり110番 いるかの大将』