海軍 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

海軍』(かいぐん)は、日本映画1943年(昭和18年)に松竹1963年(昭和38年)に東映で、それぞれ製作された。ここでは双方について記述する。原作は岩田豊雄(獅子文六)の小説『海軍』。

解説[編集]

本作の主人公・谷真人は、真珠湾攻撃で九軍神の一人となった海軍少佐・横山正治(生前の中尉から二階級特進)がモデル。横山は鹿児島県鹿児島市下荒田出身で実家は劇中で描かれているとおり、米穀商を営んでいた。八幡尋常小学校卒業後、旧制鹿児島県立第二鹿児島中学校(二中)へ入学。軍国主義華やかなりし世相を反映し、二中に陸海軍関係学校志望者を集めた「軍人組」が編成され、その組に入る。中学校在学中は成績優秀で常に学年5番以内、クラスの副級長を5年間務めた。劇中では真人の親友かつ同級生である牟田口隆夫の妹・エダとの恋愛模様が描かれているが、当の横山は女性嫌いでそんな彼にエダのような良家の娘と恋愛させることは彼の本意ではないと親友の一人は回顧している。もう一人の主人公である隆夫は、横山の親友3名のミックス像である。

松竹太秦撮影所で製作されたが東京本社の倉庫に保管されていたため、太秦撮影所火災の際に焼失を免れた。本フィルムは戦後すぐGHQによって没収され、長らくその存在が不明であった。後年発見されるものの、GHQの手により終盤の潜航艇による突撃場面の特撮部分はカットされ現存しない。それでも今や面影無き戦災焼失以前の鹿児島市内各地の風景や、当時の風俗や思想を知るという意味において貴重な映像の記録である。

実際に戦時中の松竹及び戦後の東映双方の作品で、鹿児島市江田島にて長期のロケーション撮影がされた。モデルとなった横山の出身校・二中の後身校である県立甲南高校でも、当時の在校生や在籍教諭がエキストラで出演している。劇中に登場するドームのある二中校舎は健在で、後身校の甲南高校がそのまま使用している。劇中では史実のままに「鹿児島県立第二鹿児島中学校」の校名板が正門に掲げられた。他に鹿児島市内では天保山一帯、多賀山公園の東郷平八郎墓地などで撮影が行われたが、特に東映の鹿児島ロケでは北大路欣也三田佳子千葉真一が訪れたということで、1963年8月4日付の地元紙『南日本新聞』では特集記事が組まれた。

1976年(昭和51年)、二中・鹿児島県立第二高等女学校・甲南高校の三校同窓会が創立70周年記念事業の一環で、松竹映画から、残存した二本のフィルムより新たに16ミリ及び35ミリフィルムにリプリントしたものを購入、現在、二中同窓会が保管・所有している。

あらすじ[編集]

大東亜戦争の真珠湾作戦で潜水艇攻撃に参画し戦死した主人公「谷真人」の人生を、国家観、家族観、友情、恩師の教えを絡めて描く。

松竹製作(1943年)[編集]

海軍
監督 田坂具隆
脚本 澤村勉・田坂具隆
原作 岩田豊雄
出演者 山内明
志村久
東野英治郎
笠智衆
音楽 内田元
撮影 伊佐山三郎
製作会社 松竹
配給 社団法人映画配給社
公開 1943年12月8日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

海軍報道部の企画による大東亜戦争2周年記念映画。海軍省後援、情報局国民映画、フィルム全15巻(3,605m)、白黒。VTR方式で市販された。

キャスト[編集]

主人公
  • 山内明(谷真人)
  • 志村久(牟田口隆夫)
真人の家族
  • 滝花久子(真人の母・ワカ)
  • 長尾敏之助(真人の兄・四ノ吉)
  • 風見章子(真人の姉・マツエ)
隆夫の家族
  • 小沢栄太郎(隆夫の父)
  • 近松里子(隆夫の母)
  • 青山和子(隆夫の妹・エダ)
その他、主人公2人を取り巻く人々
  • 東野英治郎(中学の担任・緒方先生)
  • 笠智衆(配属将校・菊池少佐)
  • 寺田晴彦(真人の同級生・小森)
  • 小杉勇(飛田中佐)
  • 水戸光子(飛田中佐夫人)
  • 嵐寛童(東郷仲五郎)
  • 島田照夫(東郷壮九郎)
  • 梅村蓉子(壮九郎の母堂・益子)

スタッフ[編集]

  • 製作:松竹(太秦撮影所)
  • 企画:海軍省報道部
  • 監督:田坂具隆
  • 特撮監督:市川哲夫
  • 原作:岩田豊雄
  • 脚本:澤村勉・田坂具隆
  • 撮影:伊佐山三郎
  • 音楽:内田元
  • 特殊撮影:鹿島正雄
  • 特撮効果:茶谷茂
  • 装置:六郷俊
  • 特殊装置:天木庄八 中川盛一
  • 背景:伊藤栄晤
  • 美術考証:吉田謙吉、柴田篤二
  • 美術工作:浅野孟府

東映製作(1963年)[編集]

海軍
監督 村山新治
脚本 新藤兼人
原作 岩田豊雄
出演者 北大路欣也
三田佳子
千葉真一
音楽 林光
撮影 二口善乃
編集 田中修
製作会社 東映
配給 東映
公開 1963年8月31日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

白黒シネマスコープ。配役はもともと千葉真一が谷真人、北大路欣也が牟田口隆夫でクランクインするはずだったが、北大路は千葉の配役と交換を要求[1]。北大路は戦前からの大スターで東映の役員も兼務していた市川右太衛門の御曹司であり、東映は北大路の主演第一作として要望を聞き入れた[1]。DVD方式にて市販された。

キャスト[編集]

主人公
  • 北大路欣也(谷真人)※現代劇主演第一回作品
  • 千葉真一(牟田口隆夫)
真人の家族
  • 石島房太郎(真人の父・真吉)
  • 杉村春子(真人の母・ワカ)
  • 相馬剛三(真人の長兄・真蔵)
  • 大木史朗(真人の次兄・真一郎)
  • 田川恒夫(真人の三兄・真二郎)
  • 山浦栄(真人の四兄・四ノ吉)
  • 都健二(真人の五兄・谷太郎)
  • 谷本小代子(真人の長姉・ハル)
  • 田中恵美子(真人の次姉・ミツ)
  • 水上竜子(真人の妹・キタ)
  • 田沼瑠美子(真人の妹・マツエ)
  • 高井利枝(真人の妹・カヨ)
隆夫の家族
その他、主人公2人を取り巻く人々
  • 東野英治郎(画伯・市来徳次郎)
  • 桧有子(徳次郎の妻)
  • 北原しげみ(隆夫の恋人・江波ミドリ)
  • 加藤武(真人の部下・下畑兵曹)
  • 山本みどり[注釈 1](下畑の妻・芳江)
  • 成瀬昌彦(鶴原)
  • 永島明(配属将校・菊地少佐)
  • 萩原満(中学時代の教師・大島先生)
  • 三宅一(中学時代の教師・緒方先生)
  • 江原真二郎(兵学校の当直教官)
  • 南道郎(分隊幹事S少佐)
  • 桐島好夫(真人の同僚・岡山少尉)
  • 小林稔侍(真人の同僚・加藤少尉)
  • 菅原壮男(真人の同僚中野少尉)
  • 増田順司(練習艦隊の教官)
  • 梅宮辰夫(指導官)
  • 亀石征一郎(真人の友人・小森)
  • 成田清(真人の友人・伊知地)
  • 風見章子(下宿の夫人)
  • 戸田春子(産婆)
  • 小林テル(ラジオアナウンサー)

スタッフ[編集]

  • 製作:東映
  • 企画:園田実彦、矢部恒
  • 監督:村山新治
  • 原作:岩田豊雄
  • 脚本:新藤兼人
  • 撮影:二口善乃
  • 音楽:林光
  • 美術:北川弘
  • 編集:田中修
  • 録音:広上益広
  • スクリプター:山守勇
  • 照明:原田政重

参考文献[編集]

  • 「國民映画 『海軍』」 情報局写真週報』第301号 1943年
  • 「報國團雑誌 軍神横山少佐記念號 第三十三號」 - 鹿兒島縣立第二鹿兒島中學校報國團、1942年
  • 『軍神横山少佐』- 鹿兒島縣教育會編、1943年
  • 『君故山に瞑れ』 - 甲南高校創立80周年記念事業実行委員会編、1976年

出典[編集]

  1. ^ a b 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月28日、2012年11月30日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本みどりとは同姓同名の別人。