海野徹 (那珂市長)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海野 徹
うみの とおる
生年月日 (1949-06-10) 1949年6月10日(70歳)
出生地 日本の旗 茨城県木崎村
(現・那珂市北酒出)
出身校 専修大学法学部法律学科
前職 伊勢甚百貨店従業員
所属政党無所属→)
日本維新の会
親族 弟・海野隆(阿見町議会議員)
公式サイト uminotooru ページ!

当選回数 2回
在任期間 2011年2月13日 - 2019年2月12日

Flag of Naka Ibaraki.JPG 那珂市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2005年1月21日 - 2010年11月

那珂町議会議員
当選回数 1回
在任期間 2004年 - 2005年1月20日
テンプレートを表示

海野 徹(うみの とおる、1949年6月10日 - )は、日本政治家。元茨城県那珂市長(2期)、元那珂市議会議員(2期)、元那珂町議会議員(1期)。

来歴[編集]

茨城県木崎村(現・那珂市北酒出)に生まれる[1]茨城県立太田第一高等学校卒業[2]専修大学法学部法律学科卒業。伊勢甚百貨店に勤務後、木材業に従事[1]

2004年(平成16年)、那珂町議会議員選挙に初当選。2005年(平成17年)1月21日、那珂町は瓜連町を編入合併し市制施行して那珂市となる。2008年(平成20年)2月24日に行われた那珂市議会議員選挙に当選。

2010年(平成22年)9月の議会において、那珂市長の小宅近昭に市政運営について質問をした海野は小宅の答弁に「大きな危惧」を抱く[3]。その後、翌年1月に迫った市長選挙の無投票の公算が強まり、同年11月末に市議を辞職し立候補の準備を始める[3]

2011年(平成23年)1月30日に市長選は行われ、小宅との一騎打ちを制し初当選した(海野:12,414票、小宅:10,485票)。投票率は50.77%だった[4]。2月13日、市長就任[5]

2015年(平成27年)、再選。

2018年(平成30年)11月12日、翌2019年に予定されている那珂市長選挙に立候補せず、引退を表明[6]

2019年4月25日に、同年夏の第25回参議院議員通常選挙に「原発再稼働反対」の立場で茨城県選挙区から立候補する意向を示した。立憲民主党からの出馬を目指していたが、党から断られたことから無所属での出馬を予定していた[7][8]が、6月5日に日本維新の会の公認内定を得た[9]。7月21日に行われた参院選で候補者5人中4位で落選した。

政策・主張[編集]

  • 2018年(平成30年)11月末に40年の運転期限を迎える東海第二原発を巡り、同年10月22日、「事故が起きれば、市は立地自治体以上の被害を受けるかもしれない。再稼働に反対だ」と述べ、早期の廃炉を求めた[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
小宅近昭
Flag of Naka Ibaraki.JPG 茨城県那珂市長
2011年 - 2019年
次代:
先崎光