海 その愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
海 その愛
加山雄三楽曲
収録アルバム 海 その愛
リリース 1976年5月20日
規格 LP
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝EMI
作詞者 岩谷時子
作曲者 弾厚作
海 その愛収録順

海の上で
(9)
海 その愛
(10)

海 その愛』は、1976年5月20日発売の同名のアルバムに収録された加山雄三の楽曲。

概要[編集]

作詞は岩谷時子、作曲は弾厚作(加山自身のペンネーム)である。加山は岩谷に対して「スケールの大きな曲にしたい」と依頼したという[1]。ディレクターの新田和長ビートルズの「ヘイ・ジュード」やサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」のようなスケールの大きな曲をイメージしたそうである(レコード・コレクターズ2016年7月号「新田和長が語るジョージ・マーティン」P24)。

加山の代表曲のひとつにも数えられるが、1976年発売の同名のアルバムに収録されたのみで、シングルとしては発売されていない。なお、アルバムはオリコンチャートで週間5位、1976年の年間30位にランクインするヒットとなった。

NHK紅白歌合戦では、1978年の「第29回NHK紅白歌合戦」、1987年の「第38回NHK紅白歌合戦」、2000年の「第51回NHK紅白歌合戦」の3回歌唱されている。

製作者[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「歌伝説・岩谷時子の世界」(NHKBS22008年2月17日放送)

関連項目[編集]