消滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

消滅(しょうめつ)または消失(しょうしつ)とは、あるものが消える(跡形も無くなくなる様)、欠ける事である。ここでは法律用語における消滅について解説する。

法律効果における消滅[編集]

法律用語における消滅とは、法律効果のうち権利義務身分などを取り消し無くす事である。消滅の理由については消滅時効の経過によるものが代表的であるが、他にも多数存在する。また、権利が帰属する主体の側からは喪失ともいう。

権利の消失の主な事由(消滅時効以外)[編集]

抵当権の消滅を参照

関連項目[編集]