消防ポンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

消防ポンプ(しょうぼうポンプ)は、消防用水を供給するために用いられるポンプ

概要[編集]

消防ポンプの分類は、固定の有無から定置式、可搬式[1]消防ポンプ自動車を含む)。動力源の分類として電気式、内燃(ガソリンエンジンディーゼルエンジン)式、手動式に大別できる。定置式は、主にビルなど建築物のスプリンクラー消火栓への水供給に用いられ、可搬式は屋外の火災現場の水供給に用いられる。

日本の動力式消防ポンプは、消防法および関係法令により、放水量や水源などが規定されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 可搬消防ポンプ”. 全国消防機器協会. 2020年4月19日閲覧。
  2. ^ 第20条〔動力消防ポンプ設備に関する基準〕”. 青木防災株式会社. 2020年4月19日閲覧。

関連項目[編集]