涙くんさよなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
涙くんさよなら
坂本九シングル
B面 真ん中とはじっこ
リリース
規格 シングルレコード
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 浜口庫之助
坂本九 シングル 年表
九ちゃん音頭〜それが浮世と云うものさ
上を向いて歩こう
(1965年)
涙くんさよなら
(1965年)
ミーケとマライケ
(1965年)
テンプレートを表示

涙くんさよなら」(なみだくんさよなら)は、浜口庫之助が作詞・作曲した日本の歌。グループ・サウンズ全盛期の[1]名曲として知られ[2][3]、女性歌手によるカバーも多い[4]

1965年5月15日に、坂本九のシングル曲として発売。坂本九盤の発売当初はさほどヒットしなかったが[5]、同年9月にジョニー・ティロットソンがシングル曲として英語と日本語でカバーして大ヒット[5](英題は「Goodbye Mr. Tears」)。同年12月に和田弘とマヒナスターズが、1966年4月にジャニーズ(曲名は「涙くんさようなら」)がそれぞれシングル曲として発表し、競作となった。

この曲は1966年に西村昭五郎監督、ジュディ・オング主演で映画化された[1][6](後述)。

収録曲[編集]

坂本九盤(東芝レコード TP-1080)[編集]

  1. 涙くんさよなら
  2. 真ん中とはじっこ

ジョニー・ティロットソン盤(MGM DM-1042)[編集]

  1. 涙くんさよなら (Goodbye Mr. Tears) (英語)
    • 作詞・作曲:浜口庫之助 / 訳詞:ジョニー・ティロットソン / 編曲:林一
  2. 涙くんさよなら(日本語)
    • 作詞・作曲:浜口庫之助 / 編曲:林一

和田弘とマヒナスターズ盤(ビクター SV-322)[編集]

  1. 涙くんさよなら
  2. リンデンバウムの歌

ジャニーズ盤(ビクター SV-375)[編集]

  1. 泣いていたジェニー
    • 作詞・作曲:浜口庫之助 / 編曲:寺岡真三
  2. 涙くんさようなら
    • 作詞・作曲:浜口庫之助 / 編曲:寺岡真三

カバーした歌手[編集]

Blue-Eye-Landによるカバーシングル[編集]

涙くんさよなら
Blue-Eye-Landシングル
B面 手のひら
リリース
規格 8センチCD
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
作詞・作曲 浜口庫之助
青柳美奈子、池田智宣
Blue-Eye-Land シングル 年表
大阪の女
島谷ひとみ名義
(1999年)
涙くんさよなら
(2000年)
解放区
島谷ひとみ名義
(2000年)
テンプレートを表示

Blue-Eye-Land(島谷ひとみの別名)がシングルとして発表したカバーバージョン。2000年1月19日avex traxが発売した。

解説[編集]

  • TBS系昼ドラマ 愛の劇場新・天までとどけ(パート1)』の主題歌。「涙くんさよなら」は前シリーズから川越美和(パート1、2、4〜6)、Emu(パート3)、安達祐実(パート7、8)と歌い継がれてきたが、当楽曲はそれまでとは打って変わり、クラブダンス系のポップなアレンジとなっている。なお、「涙くんさよなら」は次シリーズからは使用されなくなった。
  • 当時の島谷はまだ「演歌歌手」として活動していたため、このダンサブルなリアレンジをリリースするにあたり別名を用いた[8]。このシングルは程なくして廃盤となり入手困難となっていたが、2013年にリリースされた島谷のベストアルバム『15th Anniversary SUPER BEST』の初回限定版に収録された。

収録曲[編集]

  1. 涙くんさよなら
    作詞・作曲:浜口庫之助 / 編曲:羽毛田丈史
    TBS系ドラマ 愛の劇場新・天までとどけ』主題歌
  2. 手のひら
    作詞:青柳美奈子 / 作曲:池田智宣 / 編曲:神津裕之
  3. 涙くんさよなら(オリジナル・カラオケ)
  4. 手のひら(オリジナル・カラオケ)

映画[編集]

涙くんさよなら
監督 西村昭五郎
脚本 倉本聰、明田貢
製作 笹井英男(企画)
出演者 ジュディ・オング
山内賢
ジョニー・ティロットソン
音楽 浜口庫之助林一
主題歌 「涙くんさよなら」(ジョニー・ティロットソン)
撮影 姫田真佐久
編集 辻井正則
製作会社 日活
公開 日本の旗1966年7月30日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本曲を題材にした映画は1966年7月30日日活系で公開。日活スコープ、日活カラー、82分。

アメリカ人の父と日本人の母を持つ混血児ジュリーが、父が亡くなったをきっかけに、喋れない振りをして実母を探そうとするストーリー。湯川れい子やザ・スパイダース、そして本曲を歌ったジョニー・ティロットソンが、いずれも本人の役で助演する。

スタッフ[編集]

  • 企画:笹井英男
  • 脚本:倉本聰、明田貢
  • 監督:西村昭五郎
  • 撮影:姫田真佐久
  • 音楽:浜口庫之助、林一
  • 美術:横尾嘉良
  • 録音:沼倉範夫
  • スチル:寺本正一
  • 編集:辻井正則

出演者[編集]

  • ジェリー・クリプトン:ジュディ・オング
  • 健:山内賢
  • ジョニー・ティロットソン:ジョニー・ティロットソン
  • ザ・スパイダース:ザ・スパイダース
  • 雅子:太田雅子
  • 咲坂夫人:細川ちか子
  • 田辺菜子:伊藤弘子
  • 浩治:和田浩治
  • 猪又:伊藤寿章
  • 行夫:木下雅弘
  • 信一:杉山元
  • 「山岡」の女将:岡村文子
  • 御前:本郷淳
  • 深井:武藤章生
  • 高岩:柳瀬志郎
  • たま:三崎千恵子
  • 猪又社長夫人:新井麗子
  • 山辺:長弘
  • 大木:鴨田喜由
  • 白バイの警官:衣笠真寿男
  • ガソリンスタンド店員:榎木兵衛
  • 婦人文化連盟メンバー:雨宮節子、谷川玲子、須田喜久代
  • 中田夫人:原恵子
  • ダンプの運転手:黒田剛
  • 社員:高橋明
  • ダンプの運転手:晴海勇三
  • 田上:平塚仁郎
  • ガソリンスタンド店員:桂小かん
  • スタッフ:石火矢哲郎
  • 料亭の女中:渡辺節子
  • コマーシャルの女:大谷木洋子
  • 井上:糸賀靖雄
  • 御前:本郷淳
  • 料亭の女中:岡村文子
  • 島良彦:波多野憲
  • 湯川れい子:湯川れい子(特別出演)
  • 以下ノンクレジット
  • 飛行機の乗客・婦人文化連盟メンバー:深町真樹子
  • TV局職員:新津邦夫、北出桂子
  • スチュワーデス:橘田良江
  • 婦人文化連盟のメンバー:鈴木俊子、高田栄子、三船好重、佐川明子、早川由記、高山千草
  • 鈴木アナウンサー:小柴隆
  • TV局職員:三浜元、露木譲、本間節子
  • 婦人文化連盟会長:相馬幸子
  • 名古屋城の見えるレストランの親子客:三樹高雄、瞳美沙
  • 記者:池沢竜
  • 見送り客:二階堂郁夫、森みどり、宮沢尚子
  • 帰国便のスチュワーデス:緒方葉子

挿入歌[編集]

同時上映[編集]

『私、違っているかしら』

映像ソフト[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 涙くんさよなら [DVD]”. CDJournal. 音楽出版社. 2014年5月11日閲覧。
  2. ^ 五木ひろし / ハマクラを歌う-浜口庫之助作品集-”. CDJournal. 音楽出版社. 2014年5月11日閲覧。
  3. ^ まきのめぐみ / 東京〜あなたと過ごした青春〜”. CDJournal. 音楽出版社. 2014年5月11日閲覧。
  4. ^ はいだしょうこ / しょうこのMy Favorite Songs”. CDJournal. 音楽出版社. 2014年5月11日閲覧。
  5. ^ a b 明星』1966年2月号第1付録『新春歌合戦 100大歌手 明星紅白歌まつり』170頁。
  6. ^ 涙くんさよなら”. TSUTAYA. 2014年5月11日閲覧。
  7. ^ 坂本九盤のアレンジ 坂本九シングル盤レコードリスト マナセプロダクション参照
  8. ^ SPECIAL”. HITOMI SHIMATANI OFFICIAL WEBSITE. avex network. 2014年5月10日閲覧。