涙そうそう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

涙そうそう」(なだそうそう)は、森山良子作詞、BEGIN作曲による楽曲。「涙そうそう」の意味は、がポロポロこぼれる様子であり、森山が早世した兄への思いを歌詞に込めたものである。1998年の森山によるバージョンや2000年のBEGINによるバージョンのほか、2001年の夏川りみによるバージョンがヒットするなど、多くのアーティストにカバーされている。別れの歌・卒業ソングとしても親しまれ、日本の歌百選にも選ばれている。調はヘ長調[1](BEGINバージョンはイ長調)。

作詞の背景・森山良子による歌唱[編集]

森山良子がライブで共演したBEGINと意気投合して、沖縄の曲を依頼した。BEGINから送られたデモテープのタイトルに書いてあった「涙そうそう」が沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」を意味すると聞いた森山は、若くしてこの世を去った兄を想う歌詞をつけた。

良子と兄は2人だけの年子の兄妹であり、幼少期には取っ組み合いのけんかをし、同じ高校で同じバスケットボール部に所属していた。死の直後は誰を見ても兄に見え、思い出すのも辛く、家族も誰も兄の話題を口にしなかった。良子は居間の棚から赤い革表紙のアルバムを取り出しては、兄の影を追ってひとり泣いた。そんなある日一番星を見上げると星が瞬いたとき、「メソメソすんなよ。助けてあげられなくて悪いけど、お前もがんばれよ」と兄が語りかけてきたかのように良子には思えた。以上のような思いを歌詞にしたもので、2007年現在でも森山は、一日の出来事や思いを、一番星に向かってそっと打ち明けているという[2]

森山良子によるバージョンは、1998年に森山良子のアルバム『TIME IS LONELY』に収録された。その後、2001年12月5日発売のシングル「さとうきび畑」のカップリング/2曲目にも収録されている収録された。

BEGINのシングル[編集]

涙そうそう
BEGINシングル
初出アルバム『BEGIN』
B面 かりゆしの夜(2000年盤)
島人ぬ宝(2002年盤)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル インペリアル(2000年盤)
テイチク(2002年盤)
作詞・作曲 森山良子BEGIN
チャート最高順位
BEGIN シングル 年表
愛を捨てないで
(1999年)
涙そうそう
(2000年)
空に星があるように
(2000年)
BEGIN 年表
島人ぬ宝
(2002年)
涙そうそう/島人ぬ宝
(2002年)
オジー自慢のオリオンビール (エイサー・バージョン)
(2003年)
テンプレートを表示

BEGIN18枚目のシングルとして2000年3月23日に発売された。2002年6月26日には、『島人ぬ宝』とのカップリングでカセットテープで発売された。また、7月21日リリースの島唄アルバム『ビギンの島唄 〜オモトタケオ〜』には、三線バージョンと三線ウチナーグチバージョン(訳詞:新城俊昭)が収録されている。

収録曲[編集]

2000年盤[編集]

  1. 涙そうそう
  2. かりゆしの夜
  3. 花(LiveVersion)
  4. 涙そうそう(オリジナル・カラオケ)

2002年盤[編集]

  • A面
    1. 涙そうそう
    2. 涙そうそう(オリジナル・カラオケ)
    3. 涙そうそう(三線バージョン)
    4. 涙そうそう(三線ウチナーグチバージョン)
  • B面
    1. 島人ぬ宝
    2. 島人ぬ宝(オリジナル・カラオケ)

夏川りみのカバー・シングル[編集]

涙そうそう
夏川りみシングル
初出アルバム『南風
てぃだ 〜太陽・風ぬ想い〜他』
B面 あなたの風
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 森山良子BEGIN
プロデュース 京田誠一
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 2002年度年間87位(オリコン)
  • 2003年度年間21位(オリコン)
  • 2004年度年間58位(オリコン)
  • 2005年度年間175位(オリコン)
  • 登場回数232回(オリコン)
夏川りみ シングル 年表
花になる
(2000年)
涙そうそう
(2001年)
道しるべ
2003年
テンプレートを表示

夏川りみの現在の名義における3枚目のシングルとして2001年3月23日に発売。夏川は、沖縄サミットのテレビ中継でBEGINがこの曲を演奏しているのを見て、カバーしたいと思うようになった[3]。BEGINは夏川の依頼に応えて「あなたの風」を提供するが、夏川はなおも「涙そうそう」にこだわり、最終的にカバーが実現した[3]

沖縄県の大手CDショップ「照屋楽器店」の売上ランキングでは発売1週目にしてB'zの「ultra soul」に次ぐ2位を記録[4]。2001年、沖縄のラジオ3局(エフエム沖縄琉球放送ラジオ沖縄)で年間チャート1位となる[5]。全国に知られるようになるまでには時間がかかったものの、2002年から3年あまりに渡ってヒットし続けた。累計売上は120万枚突破[6]

2019年9月23日付までのオリコン週間シングルランキングでのトップ100ランクイン週数は通算157週であり、SMAPの「世界に一つだけの花」、中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」に続いて歴代3位である[7]

2006年にはANAの沖縄線キャンペーン「マッタリーナ→ ホッコリーナ→ 沖縄」のテレビCMでキャンペーンソングとして使用され、2007年には日本郵政グループ(日本郵便・ゆうちょ銀行かんぽ生命保険など)のCMで使用された。

収録曲[編集]

  1. 涙そうそう
  2. あなたの風
    • BEGINが作詞・作曲したバラードソング
  3. 花になる(アコースティック・ヴァージョン)
  4. 涙そうそう(インストゥルメンタル・ヴァージョン)
  5. あなたの風(インストゥルメンタル・ヴァージョン)

その他のカバー[編集]

2001年の夏川りみによるカバーがヒットして以降、国内外の多くのアーティストにカバーされている。

  • 2002年台湾黄品源がアルバム『簡單情歌』に台湾語カバー「白鷺鷥」を収録。
    • 2006年12月8日に黄品源は「白鷺鷥」に続き、ベストアルバム『淚光閃閃, 源來有你』の中に新曲として今度は北京語で2度目のカバー「淚光閃閃」を収録。
  • 2003年3月12日に「森山良子 with BEGIN・夏川りみ」名義でTBSラジオ「森山良子ハートオブポップス」公開録音(2002年12月5日)バージョンがシングル発売され、ヒットした。
  • 2003年4月7日に五木ひろしがアルバム『五木ひろしカバー&セルフコレクションズ全16曲〜おふくろの子守唄』でカバー。
  • 2004年6月23日に田端義夫がシングル発売(アルバム『島唄2』からのシングルカット)。
  • 2004年にケアリイ・レイシェルがハワイアンにアレンジしたカバー曲「Ka Nohona Pili Kai」を発表した。同作を含むアルバム「Ke'alaokamaile」は同年ハワイのグラミー賞と呼ばれるナ・ホク・ハノハノ・アワードで7部門を受賞し、「Ka Nohona Pili Kai」はSong of the Yearに輝くなど大ヒットとなった[8]
    • 2006年、ケアリイの歌がauの携帯電話「W41S」のCMソングに採用され日本でも話題となった。
  • 2004年9月9日にシンガポールの蔡淳佳(英語名:ジョイ・ツァイ)がアルバム『日出』に北京語カバー「陪我看日出 (私と日の出を見に行こう)」を収録。後に2006年11月10日に台湾でリリースされたベストアルバム『淳佳精選17首』にも収録され中華圏全体でヒットする。中華圏での複数のカバーのうち最も有名なカバーとなった。
  • 2005年4月27日にSISTER KAYAがアルバム『たからもの』でカバー。
  • 2005年5月18日に加藤登紀子がアルバム『登紀子情歌~LOVE SONGS~』でカバー。
  • 2005年9月14日に徳永英明がアルバム『VOCALIST』でカバー。
  • 2006年に吹奏楽バージョンとしてニュー・サウンズ・イン・ブラスに登場。演奏は東京佼成ウインドオーケストラ、編曲は山里佐和子。
  • 2007年ヘイリー・ウェステンラがアルバム『Treasure 〜私の宝物』の日本盤で英語バージョンをカバー。
  • 2008年1月15日に砂川恵理歌がコンピレーションアルバム『琉球ラヴァーズロック』でカバー。
  • 2008年2月20日に甲斐よしひろがアルバム『TEN STORIES 2』でカバー。
  • 2008年6月25日にタンポポ児童合唱団がオムニバスアルバム『こどもと歌いたい!ファミリーヒットソング〜おしえて・花の子ルンルン・世界中の誰よりきっと〜』でカバー。
  • 2008年7月16日に杏里がアルバム『tears of anri 2』でカバー。
  • 2008年7月16日に甲斐裕次郎(中村太亮)がTVアニメ「テニスの王子様」のキャラクターとして比嘉中名義のミニアルバム『美ら唄』内でカバー。
  • 2008年8月27日に早川えみがアルバム『Feel the Jazz breeze』で、英語詞及びジャズ風にカバー。
  • 2008年11月5日に中西保志がアルバム『STANDARDS 3』でカバー。
  • 2008年11月7日に韓国のMemory(現メン・ユナ / 메모리)がアルバム『She Dreamed That She Was Flying Like A Bird.』に韓国語カバー「ヌンムリ ナヨ (눈물이 나요)」を収録。
  • 2008年に元アリスタースコット・マーフィーがアルバム『Guilty Pleasures II』でカバー。
  • 2008年、昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦カバー(桑田佳祐)
  • 2017年10月25日リリース 海上自衛隊東京音楽隊三宅由佳莉 - アルバム『シング・ジャパン ―心の歌―』でカバー。(編曲:義野裕明
  • 2009年森進一がアルバム『Love Music』でカバー。
  • 2009年11月25日にリリースされたalanのアルバム『my life』(CD+DVD) に、初回盤特典映像としてスタジオライブ映像によるカバーが収録された。
  • 2010年大江裕がアルバム『演歌大将 大江裕~日本列島 歌飛脚I~』でカバー。
  • 2010年7月7日にalanが、5種類リリースされたシングル『風に向かう花』の一つでカップリング曲として二胡演奏でカバー。
  • 2010年に我那覇響沼倉愛美)が『THE IDOLM@STER2 MASTER ARTIST2 -FIRST SEASON- 02』でカバー。
  • 2011年MONGOL800がアルバム『etc.works 2』でMAJESTICSとカバー。
  • 2013年6月5日にクリス・ハートがアルバム『Heart Song』でカバー。
  • 2013年、岩佐美咲(アルバム『リクエスト・カバーズ』にてカバー)
  • 2018年4月24日、ソラ(MAMAMOO)が韓国語でカバー。タイトルは『눈물이 주룩주룩』。
  • 2020年、MAMAMOO(日本1stフルアルバム『4colors』にてカバー)

など。

映像作品[編集]

2006年にはTBSテレビ局の開局50年記念として、この作品をモチーフにした妻夫木聡長澤まさみ主演の映画が2006年秋に公開された。他、これにリンクして視聴者の手記を基にしたドラマを放映している。これまでに『広島 昭和20年8月6日』(松たか子出演)、『涙そうそう この愛に生きて』(黒木瞳出演)が映像化された。

主な記録・賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 涙そうそう(夏川りみ) / コード譜 / ギター - J-Total Music!”. Jトータルミュージック. 2016年8月6日閲覧。
  2. ^ 伊藤千尋 (2007年4月14日). “「涙そうそう」森山良子と兄・晉”. 朝日新聞Travel. 愛の旅人. 朝日新聞社. 2019年10月17日閲覧。
  3. ^ a b 桑原シロー (2002年10月3日). “夏川りみ”. TOWER RECORDS ONLINE. 2015年6月26日閲覧。
  4. ^ 沖縄の歌姫・夏川りみブレーク中 新曲「涙そうそう」は地元であゆ超えたスポーツ報知、2001年4月25日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  5. ^ 夏川りみ「涙そうそう」沖縄年間1位で“全国区”へSANSPO.COM、2002年1月20日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  6. ^ 夏川りみ、来年こそ紅白…台湾クリスマス公演:芸能:スポーツ報知読売新聞社、2007年12月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  7. ^ 歴代シングル ロングセラーランキング TOP5、ORICON NEWS、2019年9月20日。
  8. ^ ハワイに伝わった「涙そうそう」、フラダンスの動画が素敵すぎる”. 2019年2月28日閲覧。