涙の乗車券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
涙の乗車券
ビートルズシングル
初出アルバム『ヘルプ!
B面 イエス・イット・イズ
リリース
規格 7インチシングル
録音
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位
後述を参照
ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
ヘルプ! 収録曲
恋のアドバイス
(A-6)
涙の乗車券
(A-7)
アクト・ナチュラリー
(B-1)
ミュージックビデオ
「Ticket To Ride」 - YouTube
音源
テンプレートを表示

涙の乗車券」 (なみだのじょうしゃけん、英語: Ticket to Ride)は、ビートルズの楽曲である。1965年4月9日にシングル盤として発売され、全英シングルチャートをはじめとしたシングルチャートで第1位を獲得した。1965年2月にEMIスタジオでレコーディングされた本作は、同年に発売された5作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ヘルプ!』にも収録された。従来の作品よりもハードな印象を持つ演奏が特徴となっており、音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は「ビートルズがこれまでにレコーディングした楽曲よりも心理的に深く、当時としては並外れている」と評している[4]

「涙の乗車券」は、ビートルズ主演としては2作目となる映画『ヘルプ!4人はアイドル』でも使用された。また、ライブでも度々演奏されており、『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』や『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』にはライブ音源が収録された。1969年にカーペンターズによるカバー・バージョンが発売され、Billboard Hot 100で最高位54位を獲得した。

曲の構成[編集]

レノン=マッカートニー名義となっているが、実質的にはジョン・レノンによって書かれた楽曲[5][6][7][8]。1980年のPLAYBOY誌のインタビューで、レノンはポール・マッカートニーの本作への貢献について「リンゴが叩いたドラムのパターンのアイデア」のみとしているが[9]、1997年に出版された伝記の中でマッカートニーは「僕らは座って一緒に『涙の乗車券』を書いた。曲の6割ほどを書いたかな。曲を書き上げるのに3時間かかった」と語っている[10]

曲のキーはAメジャーに設定されていて、32小節形式を拡張させた構成になっていて、8小節ずつのヴァースとコーラスでAセクション、9小節のプライマリーブリッジでBセクションを形成している[11]。ヴァースではA弦を切れ間なく弾いていて、インドの伝統音楽などで見られるドローンが取り入れられている[12]ことから、イアン・マクドナルド英語版は「ラーガのようだ」と評している[13]

本作は、コーダにおけるテンポの変化が特徴となっている[14]。この部分では「My baby don't care(あの娘はぜんぜん気にしていない)」というフレーズのリフレインで構成され、一定のAメジャーコードとブリッジと同じ2拍子のリズムで演奏される[15]。レノンは、このコーダ部分をお気に入りとしていて[16]、「最も初期のヘヴィメタル・レコード」と語っている[17][11]。コーダについて、マクドナルドはレノンとジョージ・ハリスンが初めてLSDを服用したことが影響していると推測し[18]、作家のサイモン・フィロは「ポップ・ミュージックを装ったアヴァンギャルド」と評している[19]

歌詞は「語り手のもとから去って行く彼女」のことを歌ったものだが[20]、曲のインスピレーションについては明かされていない[6]。マッカートニーは「タイトルは『ワイト島に向かうイギリス国鉄の切符』と掛けたもの」と説明していて[21]、レノンは「1960年代にハンブルクの娼婦から渡された無傷健康証明書に対する言及」と説明している[20]。なお、「Ride」は「性交」を意味するイギリスの俗語であることから[11]、ギャビー・ホワイトヒルとアンドリュー・トレンドール英語版は彼氏のもとを離れて娼婦になる女性について歌ったものと解釈している[22]

レコーディング[編集]

「涙の乗車券」のレコーディングは、1965年2月15日にEMIスタジオで開始された[23]。アルバム『ビートルズ・フォー・セール』発売後、1月の中旬までイギリスツアーやクリスマスショーなどを開催していたため[24]、同作発売後では初となるレコーディング・セッションとなった。リハーサルを行なった後、リハーサル音源を流しながらリズムトラックを録音し、それをオーバー・ダビング用に使用した[5]。ビートルズの楽曲で初めてギターのパートがオーバー・ダビングされた楽曲であることから、作家のウォルター・エヴェレット英語版は「ビートルズにとっての革命のはじまりとなったレコーディング」と評している[25]

本作の主なギターリフは、ハリスンがリッケンバッカー・360/12で演奏したもので[26]、リズムトラックの時点で含まれていた要素の1つだった[27]。作家のマーク・ハーツガード英語版は、マッカートニーのビートルズの音楽監督としての役割として、このギターリフとスターが演奏するドラムパターンのアイデアを挙げている[28]が、ハリスンはギターリフはレノンが作った曲をメンバーに聴かせるためにコードを弾いたときに思いついたもので、ふらついた印象を持ったこのリフがスターが演奏するドラムパターンに影響を与えたとしている[29][30]。その後、レノンのリード・ボーカルとマッカートニーのハーモニー・ボーカル、レノンとハリスンのギター、マッカートニーがエピフォン・カジノで弾いたリードギターのパート(ブリッジとコーダ)がオーバー・ダビングされた[31]

リリース[編集]

「涙の乗車券」は、1965年4月9日にイギリスでパーロフォンからB面に「イエス・イット・イズ」を収録したシングル盤として発売され、10日後にアメリカでもキャピトル・レコードから発売された[32]。シングル盤のプロモーションとして、『トップ・オブ・ザ・ポップス』や『サンク・ユア・ラッキー・スターズ英語版』などのテレビ番組で演奏され、このうち『トップ・オブ・ザ・ポップス』での演奏の一部が、5月22日にBBC Oneで放送された『ドクター・フー』のエピソード「The Executioners」で使用された[33]。このほか、BBCラジオでも演奏されており、5月26日[34]に『The Beatles (Invite You to Take a Ticket to Ride)』と題された番組で放送された[35][36]

シングル盤は、イギリスの全英シングルチャートで3週連続で第1位を獲得し[37][38][39]メロディ・メーカー英語版誌が発表した全国版のチャートで第1位でも獲得し、3週にわたってチャートインした[40]。アメリカでもBillboard Hot 100で第1位を獲得した[41]。なお、アメリカにおけるシングル盤のプレスリリースでは「ユナイテッド・アーティスツ配給映画『エイト・アームズ・トゥ・ホールド・ユー[注釈 1]』の挿入歌」とされていた[42][43]。映画『ヘルプ!4人はアイドル』では、メンバーがスキーに興じるシーンで使用され[44]、同作のサウンドトラック盤にもあたるオリジナル・アルバム『ヘルプ!』にも収録された[45][注釈 2]

「涙の乗車券」は、全英シングルチャートでビートルズが第1位を獲得した7作目のシングルで[6][46]、演奏時間が3分を超えるビートルズのシングルとしては初の例となった[47]。アメリカではBillboard Hot 100でビートルズが第1位を獲得した3作目のシングルとなり、これによりビートルズは4年連続で第1位を獲得したイギリスのアーティストとなり、フレディ&ザ・ドリーマーズウェイン・フォンタナ英語版&ウェイン・フォンタナ&ザ・マインドベンダーズ英語版ハーマンズ・ハーミッツに次いで4組目の快挙となった[48]

1985年4月に発売20周年を記念してイギリスでシングル盤が再発売され、全英シングルチャートで最高位70位を獲得した[49]

「涙の乗車券」は、シングルやオリジナル・アルバムに収録された後、『ビートルズ・イン・イタリー』、『オールディーズ』、『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』、『ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ』、『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス 』、『リール・ミュージック』、『20グレイテスト・ヒッツ』、『ザ・ビートルズ1』などのコンピレーション・アルバムにも収録された。

映画での使用、プロモーション・フィルム[編集]

「涙の乗車券」は、映画『ヘルプ!4人はアイドル』でメンバーがスキーに興じるシーンで使用された[44]。このシーンは、1965年3月にオーストリア・アルプスのオーバータウエルンで撮影された[50]

1965年11月23日[51]トゥイッケナム・スタジオ英語版で、本作と「デイ・トリッパー」、「恋を抱きしめよう」を含む4曲のプロモーション・フィルムが撮影された。監督は映画『ヘルプ!4人はアイドル』も手がけたジョー・マクグラス英語版[52]

本作のプロモーション・ビデオは、巨大な乗車券を背景に、スターは立ったままドラムスを演奏し、残りのメンバーはディレクターズチェア英語版に座った状態で演奏するというもの[53]。このビデオは、1995年に発表されたドキュメンタリー『ザ・ビートルズ・アンソロジー』で一部が使用された後、2015年に発売された『ザ・ビートルズ1』に付属のDVD/Blu-rayにフルサイズで収録された。

評価[編集]

ニュー・ミュージカル・エクスプレス誌のデレク・ジョンソンは、本作について「音の深さ」と「すさまじいドライブ感」を称賛している[54]。音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は「ビートルズがこれまでにレコーディングした楽曲よりも心理的に深く、エレクトリック・ギターのアルペジオ、重厚なリズム、ゴロゴロと音を立てるフロアタムなど当時としては並外れた楽曲」と評している[55]。また、マクドナルドは、本作におけるドローンがキンクスの「シー・マイ・フレンド英語版」に影響を与えたとし、「シー・マイ・フレンド」がビートルズにインドの楽器の使用のインスピレーションとなった可能性を示唆している[56]ラフガイドのクリス・インガムは、本作について「見事に陰気」「ビートルズがこれまでレコーディングした中で最も激しい曲」と評している[57]。また、デヴィッド・ガスマンは、後に発表された「ノルウェーの森」や「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」等に見られるインドの伝統音楽の要素を取り入れた初の例とし、「リンゴ・スターが史上最高のロックンロール・ドラマーの1人であることを証明した楽曲」とし、ビートルズの史上最高のシングルの1つと評している[58]

本作は、ローリング・ストーン誌が2003年に発表した「オールタイム・グレイテスト・ソング500」では第384位[59][47]、音楽評論家のデイブ・マーシュ英語版が1989年に発表した「史上最高のグレイテスト・シングルズ1001」では第29位にランクインした[60]。また、2006年にモジョ誌が発表した「グレイテスト・ビートルズ・ソングス101」では第23位[61]、2018年にタイムアウト・ロンドン誌が発表した「ベスト・ビートルズ・ソングス50」では第11位[62]、ローリング・ストーン誌が2020年に発表した「グレイテスト・ビートルズ・ソングス100」では第17位[47]にランクインした。

ライブでの演奏[編集]

ビートルズは、1965年6月から7月にかけて行なわれたヨーロッパ・ツアーで「涙の乗車券」を演奏した[63]。その後、同年のアメリカツアー[64]や同年末のイギリスツアーでも演奏され[65]、このうち8月29日のハリウッド・ボウル公演でのライブ音源が1977年に発売された『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』に収録された[66][67]。また、8月15日のシェイ・スタジアム公演でのライブ映像が、1966年に公開されたドキュメンタリー『THE BEATLES/シェアスタジアム英語版』に収録されたが、音源は公開前にロンドンで録り直された音源に差し替えられている[68]

テレビ番組では、1965年8月1日にイギリスで放送された『ブラックプール・ナイト・アウト』[69]や、同年9月に米国で放送された『エド・サリヴァン・ショー』で披露された[64][注釈 3]。このうち、『ブラックプール・ナイト・アウト』での演奏が、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』や、ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ・アンソロジー』に収録された[69]

演奏(ビートルズ版)[編集]

※出典[4]

カバー・バージョン[編集]

カーペンターズによるカバー[編集]

涙の乗車券
カーペンターズシングル
初出アルバム『オファリング / 涙の乗車券
B面 ワンダフル・パレード
リリース
規格 7インチシングル
録音 1969年
ジャンル ポップス
時間
レーベル A&Mレコード
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジャック・ドーハティ英語版
チャート最高順位
後述を参照
カーペンターズ シングル 年表
  • ルッキング・フォー・ラヴ英語版
  • (1966年)
  • 涙の乗車券
  • (1969年)
オファリング / 涙の乗車券 収録曲
ターン・アウェイ
(A-6)
涙の乗車券
(B-1)
恐れないで
(B-2)
リリックビデオ
「Ticket To Ride」 - YouTube
テンプレートを表示

カーペンターズは、1969年夏に発売した1作目のアルバム『オファリング』に、「涙の乗車券」のカバー・バージョンを収録した。カバー・バージョンについて、リチャード・カーペンターは「1969年初頭のある日、オールディーとして再生されているのを偶然聴いたんだけど、聴いてみて良いバラードになると思った」と振り返っている[70]。アレンジはリチャードによるもので、恋人に捨てられた悲しみを歌ったものとして、フェードアウト部分は冒頭の「think I'm gonna be sad(寂しくなると思う)」というフレーズのリフレインで構成されている。また、リード・ボーカルが女性のカレン・カーペンターが女性であるため、英語圏の通例に従って歌詞中の「girl」は「boy」に、「She's got a ticket to ride but she don't care」 は「He's got a ticket to ride and he don't care」に変更されている。

11月5日にイントロが省略されたうえでシングル盤としてリカットされ、1970年5月にビルボード誌が発表したBillboard Hot 100で最高位54位を獲得し[71]、同誌が発表したAdult Contemporaryチャートで最高位19位を獲得した。そのため、本作はカーペンターズのシングルで初めてチャートインした作品となり、これを受けて『オファリング』は『涙の乗車券』(英語: Ticket To Ride)に改題されて再発売された[72]。1973年に発売された『シングルス 1969〜1973英語版』には、ボーカルとドラムスを録り直した音源が収録された。

演奏(カーペンターズ版)[編集]

その他のアーティストによるカバー[編集]

チャート成績[編集]

ビートルズ版[編集]

カーペンターズ版[編集]