涙色の空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
涙色の空
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル JULIE LABEL
プロデュース 沢田研二
チャート最高順位
沢田研二 年表
Pleasure Pleasure
2009年
涙色の空
2010年
3月8日の雲
2012年
テンプレートを表示

涙色の空』は、日本歌手である沢田研二の48作目となるオリジナルミニアルバム。4曲なのでニュー・マキシシングルとするべきかもしれないが、今後、曲数がどう変わるかわからないため、とりあえずアルバム扱いとする。CD販売と同時にインターネットから楽曲をダウンロードできるようになった。

2010年9月1日にリリース。発売元は沢田の自主レーベルであるJULIE LABEL

収録曲[編集]

  1. 涙色の空
    • 作詞:沢田研二/作曲:泰輝
  2. エメラルド・アイズ
    • 作詞:沢田研二/作曲:下山淳
  3. まほろばの地球
    • 作詞:沢田研二/作曲:GRACE
  4. 若者よ
    • 作詞:沢田研二/作曲:柴山和彦

解説[編集]

  • 『Pleasure Pleasure』に続いてメッセージ性が強く出ている作詞は、全曲沢田。作曲はバックバンドのメンバーが1曲ずつ担当している。ライブでの演奏と同じように、ベース不在で、録音サウンドも沢田のボーカルとバックバンドの演奏のみ。アレンジはまったく加えていない。一見、聴くとシンプルすぎるようにみえるが、今の音楽シーンと逆行してストレートに楽曲を作り上げている。
  • 「愛がその気に目覚めて 立ち上がるまで 息をゆるめて待てばいい」という『涙色の空』、「君達がボスを選べよ 目覚めろ若者」と語る『若者よ』など、本来の沢田の曲作りに完全に回帰した作品と言える。発売後、9月から「ライヴ 2010 秋の大運動会・涙色の空」という全国ツアーをスタート。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]