淀川駅 (国鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
淀川駅
よどがわえき
京橋 (1.8[1]km)
(2.2[1]km) 巽信号所
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 片町線
(通称:淀川貨物線
駅構造 貨物駅
開業年月日 1927年(昭和2年)12月10日
廃止年月日 1982年(昭和57年)11月15日
備考 淀川電車区が移転するまで淀川信号場として存在
テンプレートを表示

淀川駅(よどがわえき)は、かつて大阪府大阪市都島区中野町にあった貨物駅である。

概要[編集]

淀川駅は1927年12月10日大阪環状線桜ノ宮駅北側の浄水場跡、現在の大阪市立総合医療センター・桜ノ宮リバーシティーの付近に設けられた。

開業当初は、片町線(学研都市線)鴫野駅に至る通称淀川貨物線および、城東線(現在の大阪環状線京橋駅とを結ぶ貨物線が新設され、その後、城東線の電車化に伴い淀川駅構内東側に淀川車庫(のちに淀川電車区へと改称)が開設される。

しかし、貨物輸送が自動車輸送へと移行し始め、1982年に淀川駅を廃止して、電車区への入出区のための信号場となっていたが、淀川電車区の移転により廃止となった。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 放出・淀川間」『鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在』 鉄道省、川口印刷所出版部、東京府東京市芝区、1937年12月28日、初版。2019年3月11日閲覧。