淑女と髯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
淑女と髯
The Lady and the Beard
監督 小津安二郎
脚本 北村小松
小津安二郎
出演者 岡田時彦
川崎弘子
伊達里子
撮影 茂原英雄
編集 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1931年1月24日
上映時間 74分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

淑女と髯』(しゅくじょとひげ)は、1931年(昭和6年)1月24日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、74分。

小津監督のナンセンス喜劇の中でも代表格とされる作品で[1]、二枚目俳優の岡田時彦が喜劇的センスを発揮した。飯塚敏子のデビュー作でもある。初回興行は帝国館。現在、東京国立近代美術館フィルムセンターがフィルムを所蔵している[2]

あらすじ[編集]

髭を生やした保守的な岡島は、友人の行本から妹の誕生パーティに招待される。そこに行く途中で、広子を不良のモガたちから救ってやる。その後、岡島が仕事を見つけられないでいる時に、慎み深く伝統的な広子は髭を剃るようにすすめる。彼はそれに従い仕事を見つけることに成功する。モガは岡島に愛情を抱くがライバル広子に負けを認め、更生を誓って去っていくのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 淑女と髯、@ぴあ映画生活、2015年3月27日閲覧
  2. ^ 淑女と髯、東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年3月27日閲覧