淡路 (海防艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
淡路
淡路島沖で公試中の淡路(1944年1月)
淡路島沖で公試中の淡路(1944年1月)
基本情報
建造所 日立造船桜島造船所
運用者  大日本帝国海軍
艦種 海防艦
級名 御蔵型海防艦
建造費 5,112,000円(予算成立時の価格)[注釈 1]
艦歴
計画 マル急計画
起工 1943年6月1日[1][2]
進水 1943年10月30日[1][2]
竣工 1944年1月25日
最期 1944年6月2日被雷沈没
除籍 1944年7月10日
要目(竣工時)
基準排水量 940トン
全長 78.77m
最大幅 9.10m
吃水 3.05m
主機 艦本式22号10型ディーゼル2基
推進 2軸
出力 4,200hp
速力 19.5ノット
燃料 重油 120トン
航続距離 16ノットで5,000カイリ
乗員 定員149名[注釈 2]
兵装 45口径12cm高角砲 連装1基、単装1基
25mm機銃 連装2基
九四式爆雷投射機2基
爆雷120個
単艦式大掃海具1組
搭載艇 短艇3隻
レーダー 22号電探1基
ソナー 九三式水中聴音機1基
九三式水中探信儀1基
テンプレートを表示

淡路(あわじ/あはぢ)は、日本海軍の海防艦御蔵型海防艦の3番艦。船団護衛中に撃沈されたが、それは船団に向けて放たれた魚雷から船団を守るための身を挺した行動とされている[3]

艦歴[編集]

マル急計画の海防艦甲型、第310号艦型の15番艦[注釈 3]、仮称艦名第324号艦として計画。1942年2月14日、海防艦乙型の基本計画(基本計画番号E20)が決定したため、それに従って建造されることとなった。

1943年6月1日[1][2]、日立造船株式会社桜島造船所で起工。8月31日、淡路と命名され、本籍を呉鎮守府と仮定し、御蔵型の3番艦に定められる。10月30日[1][2]、進水。

1944年1月25日竣工し、本籍を呉鎮守府、役務を呉鎮守府警備海防艦にそれぞれ定められる。同日付で呉防備戦隊に編入され、訓練に従事。

2月15日、海上護衛総司令部第一海上護衛隊に編入。同日から24日まで呉海軍工廠で整備。25日、モタ06船団(9隻)に合流するため単艦でを出発。26日には同船団と合流して護衛に従事。3月4日に高雄着。以後、24日まで単艦で高雄周辺の護衛や対潜掃蕩に従事。24日、タサ31船団(16隻)を第19号駆潜艇、特設砲艦北京丸と護衛し高雄発。4月1日、サンジャックに到着したが、主機械の故障が発生したため単艦でシンガポールに回航。8日から27日まで、シンガポールの第百一海軍工作部で主機械の修理に従事。27日、シミ01船団に合流するためシンガポール発。28日に同船団と合流し、30日ミリ着。

5月4日、らとミ02船団(17隻)を護衛しミリ発。23日、六連沖に到達したところで単艦佐世保へ回航。佐世保海軍工廠で探信儀記録器の設置工事に従事。29日、香椎らとヒ65船団(12隻)を護衛し門司発。6月2日、船団は火焼島東方北緯22度42分 東経121度42分 / 北緯22.700度 東経121.700度 / 22.700; 121.700[注釈 4]の地点でアメリカ潜水艦ギターロの攻撃を受ける。ギターロはタンカーに向けて魚雷を6本発射し、その魚雷を発見した淡路は船団旗艦の軽巡洋艦香椎に魚雷発見を報告した直後に雷跡に入り込み、魚雷が命中した「淡路」は轟沈した[4][5]。海防艦長の仁木幸造少佐以下乗員76名が戦死したほか、5名が第19号海防艦に。数名が千振に救助されたが、戦傷死者が出た。

7月10日、淡路は御蔵型海防艦から削除され、帝国海防艦籍から除かれた。

海防艦長[編集]

艤装員長
  1. 仁木幸造 少佐:1943年12月30日 - 1944年1月25日
海防艦長
  1. 仁木幸造 少佐:1944年1月25日 - 1944年6月2日 戦死、同日付任海軍中佐

注釈[編集]

  1. ^ これは第310号艦型の価格であり、基本計画番号E20としての価格ではない。
  2. ^ この数字は特修兵を含まない。
  3. ^ マル急計画の当初計画での番数。
  4. ^ 戦時日誌第一項第二号(ロ)の記述による。戦時日誌別表第二「船団護衛状況(馬来直航々路)」では東経121度24分としている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『昭和造船史 第1巻』、p. 828。
  2. ^ a b c d 『写真 日本海軍全艦艇史』資料篇、p. 22。
  3. ^ 駒宮『戦時輸送船団史』、p. 183。
  4. ^ #海防艦戦記 p.204
  5. ^ #駒宮 (1987) p.183

参考文献[編集]

  • 海軍省
    • 昭和18年8月31日付 達第202号、内令第1775号、内令第1778号、内令第1779号ノ2。
    • 昭和19年1月25日付 内令第202号。
    • 昭和19年7月10日付 内令第833号、内令第842号。
    • 昭和18年12月31日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1291号。
    • 昭和19年1月26日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1305号。
    • 昭和19年9月15日付 秘海軍辞令公報 甲 第1594号。
    • 呉防備戦隊戦時日誌。
    • 第一海上護衛隊戦時日誌。
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』、出版共同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 坂本正器/福川秀樹 『日本海軍編制事典』、芙蓉書房出版、2003年。ISBN 4-8295-0330-0
  • 世界の艦船 No. 507 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、海人社、1996年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、朝雲新聞社、1969年。
  • 丸スペシャル No. 28 日本海軍艦艇シリーズ 『海防艦』、潮書房、1979年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。
  • 海防艦顕彰会(編) 『海防艦戦記』 海防艦顕彰会/原書房、1982年