深作清次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふかさく せいじろう
深作 清次郎
生誕 (1911-05-18) 1911年5月18日
日本の旗 茨城県那珂郡
死没 没年不明
職業 政治活動家印刷業者
肩書き 反ソ決死隊隊長
政党 反ソ決死隊

深作 清次郎(ふかさく せいじろう、1911年5月18日[1] - 没年不明)は、日本の政治活動家街宣右翼反ソ決死隊)、印刷業者

略歴[編集]

政治的主張等[編集]

  • 赤尾敏東郷健品川司らいわゆる泡沫候補を意図的に無視、排除するマスコミ報道姿勢を「天に唾するもの」と批判していた。
  • 反ソ決死隊隊長、救国党参与、暁戦友会会長、天照義団副団長、天照士魂の会主幹、大日本民族同志会顧問、世界連邦協会相談役、世界連邦日本国民会議議長、対ソ国防協議会会長、日本民族倶楽部事務局長、日本民族倶楽部代表世話人、韓日友好協会理事、日露戦争研究会世話人等、雑多な肩書を語っていたが、それらの殆どは深作の一人一党か、他団体への名義貸し的参加であり、名称も時々で変転するなど、実体は無かった。
  • 強硬な赤狩り論者で、日本社会党創価学会日教組青法協赤軍派などの打破をスローガンに掲げていたが、中ソと距離を置き始めた孤立路線転換後の日本共産党や自民党内タカ派以上に反共・反ソ路線も党内に存在した民社党を「ソ連の手先」呼ばわりし続けたり、中華人民共和国には殆ど言及しなかったりと、単に「ソ連」「共産党」と聞くだけで「脊髄反射」的に逆上する狂信的なソ連嫌いというだけで、国際情勢に対する確たる認識に基づいたものではなかった。

エピソード[編集]

  • 立会演説会で野党から野次が飛ぶと「黙れ、乞食」と一喝する一方、持ち時間を超えて演説し続け、運営者にマイクのスイッチを切られてしまう場合もあった。
  • 主義主張の異なる者に対しても、誠実さが伝われば情を通わせることがあり、日教組に抗議に訪れた際に森越康雄青年部長[9]に健康を気遣われて思わず涙したり、政見放送収録中に雑民党東郷健に向かって「健ちゃん」と声を掛けたりした。
  • 立会演説会や政見放送の冒頭で、嗄れた声を振り絞って軍歌を独唱するのが恒例で、1986年第15回参議院議員通常選挙東京都選挙区)等では『独立守備隊の歌』[10]を、1987年の東京都知事選挙等では『橘中佐[11]を唄っている。
    • その政見放送におけるスピーチ例
    「諸君!!諸君は81年前の我々の祖先があの共産・ソ連の前身、ロシア政府軍の100万の大群を満州の荒野に粉砕したこの栄光の歴史を覚えてるか?」
    「諸君!!諸君はこの満州独立守備隊の歌を御存じか?あの満州の荒野の中に横たえられた、80年前の日露戦争のわが先祖の勇戦奮闘の、その末に横たえられた屍を御存じか?諸君!!今の日本人が北から来るソ連の挑発の前に、あるいは北鮮や中共の恫喝の前に、なんらなすすべもなく震え上がってるのは何なんだ」
    ※「諸君!!」の件を「親愛なる、全日本の同胞諸君!!」としたものもある。
  • 東京都知事選挙で2度顔を合わせた秋山祐徳太子に依ると、昼食に立ち寄った蕎麦屋でも注文前に突如『橘中佐』を放歌するなど、普段の生活態度も政見放送と変わらぬものだったという。

主な選挙歴[編集]

国政選挙[編集]

選挙 選挙区 政党 得票 得票率 順位 肩書
1960年11月20日 第29回衆議院議員総選挙 旧東京都第4区 議会主義政治擁護国民同盟 154 0.05% 10/10 著述業
1962年7月1日 第6回参議院議員通常選挙 茨城県選挙区 無所属 5,644 0.73% 5/5 著述業
1963年11月21日 第30回衆議院議員総選挙 旧神奈川県第4区 議会主義政治擁護国民同盟 230 0.06% 11/11 著述業
1965年7月4日 第7回参議院議員通常選挙 神奈川県選挙区 議会主義政治擁護国民同盟 10,298 0.64% 6/7 著述業
1967年1月29日 第31回衆議院議員総選挙 旧神奈川県第2区 無所属 833 0.15% 9/9 著述業
1968年7月7日 第8回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 無所属 1,484 0.03% 22/24 著述業
1971年6月27日 第9回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 無所属 1,247 0.03% 16/16 著述業
1972年12月10日 第33回衆議院議員総選挙 旧東京都第7区 大日本独立青年党 730 0.08% 9/9 著述業
1974年7月7日 第10回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 無所属 2,506 0.04% 15/20 著述業
1977年7月10日 第11回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 無所属 4,149 0.08% 17/18 著述業
1979年10月7日 第35回衆議院議員総選挙 旧東京都第6区 反ソ決死隊 300 0.12% 8/8 著述業
1980年6月22日 第12回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 反ソ決死隊 6,823 0.12% 11/11 著述業
1983年6月26日 第13回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 日本国民政治連合 1,236 0.03% 39/50 著述業
1983年12月18日 第37回衆議院議員総選挙 旧東京都第6区 反ソ決死隊 422 0.15% 8/8 著述業
1986年7月6日 第14回参議院議員通常選挙 東京都選挙区 正義と人権を守り明日の日本を考える救国斬奸党 1,633 0.03% 39/50 著述業

首長選挙[編集]

選挙 政党 得票 得票率 順位 肩書
1963年 神奈川県知事選挙 - 15,342 - % 4/4 -
1967年4月15日 東京都知事選挙 世界連邦日本国民会議
日本青年社 推薦)
2,184 0.04% 9/10 著述業
1975年4月13日 東京都知事選挙 無所属
日本青年社、同結社 推薦)
541 0.01% 13/16 著述業
1979年4月8日 東京都知事選挙 無所属
日本青年社、同結社 推薦)
1,320 0.03% 11/13 著述業
1983年4月10日 東京都知事選挙 無所属
日本青年社、同結社 推薦)
4,319 0.11% 8/12 著述業
1987年4月12日 東京都知事選挙 無所属
反ソ決死隊日本青年社 推薦)
7,716 0.21% 8/11 著述業

[編集]

  1. ^ 第13回参議院議員通常選挙東京都選挙区政見放送での経歴紹介から
  2. ^ この時期は大本の活動家で、第二次弾圧を期に離脱したという説もあり、出自は自称通りであるか定かではない
  3. ^ 後の稲川会越路家一家三代目、全愛会議理事長
  4. ^ 『大日本独立青年党議会主義政治擁護国民同盟』とも、略称:議擁同
  5. ^ 博徒広域指定暴力団住吉一家小林会初代会長
  6. ^ 深作は準構成員
  7. ^ 選挙期間中確認団体となった
  8. ^ 愚連隊暴走族上がりの青少年を「思想改造」し、街宣右翼団体構成員に育成する私塾
  9. ^ 後に中央執行委員長
  10. ^ 土井晩翠作詞、中川東男作曲
  11. ^ 鍵谷徳三郎作詞、安田俊高作曲