深層NEWS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
深層NEWS
ジャンル 報道番組
企画 BS日テレ(企画制作)
演出 菊池正史
出演者 近野宏明
畑下由佳(月・火)
吉竹史(水 - 金)
吉田清久
矢島学
ほか
製作
プロデューサー 岩隈政信(CP兼統括P、日本テレビ)
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年9月30日 -
放送時間 月曜 - 金曜 22:00 - 23:00
放送分 60分
公式サイト

特記事項:
日テレNEWS24(CS)でも時差ネット(2時間遅れ)。

深層NEWS』(しんそうニュース)は、日本テレビBS日テレ読売新聞の3社共同企画により、2013年9月30日からBS日テレで放送されている報道番組である。日テレNEWS24(CS)でも時差ネット(2時間遅れ)。

概要[編集]

日本テレビ・BS日テレ・読売新聞の3社が共同で制作する報道番組[1][2]であり、読売新聞がニュース制作に関与する初めての番組となっている[3]。初代キャスターには、日本テレビ報道局記者の小西美穂、読売新聞編集委員(当時)の玉井忠幸と近藤和行が就任[1][2][4]。なかでも、キャスターの1人である玉井忠幸は編集局次長兼編集委員で元政治部長[3][4]。編集の要職にいる人物がキャスターに就任した初めてのケースとなった[3]

政治・経済、医療、教育から身近な暮らしの話題まで多岐に渡るテーマを用意。政治家や財界人、文化人やスポーツ選手を含むキーパーソンをスタジオに招く[4][5]。基本的にはBS日テレでは全編生放送だが、ゲストのスケジュールや特集等の都合上、該当パートのみ事前収録を行う場合がある。なお、収録場所は日本テレビのマイスタジオを使用している。

オープニング映像には、お笑いタレント鉄拳が制作したパラパラ漫画風のイラストを使用[1](2017年のリニューアル前まで使用)。読売新聞東京本社[6]朝刊の第2テレビ面に当日の放送内容が掲載されている。

2016年4月1日からは金曜をリニューアルした。「深層NEWS FRIDAY」と題し、週間を振り返り、そのニュースをあらためて深掘りしていく「深層WEEKLY(週間のニュース)、深層のしんそう」のコーナーを新設し、気になるトピックを徹底討論。またテーマカラーも、この金曜限り従来の赤から青になっている。同年10月3日から、月曜日から木曜日の内容もリニューアルした。

2017年1月4日から、キャスター陣を一新。キャスターに2016年までNNNワシントン支局長を務めた近野宏明を起用[7][8]。テーマカラーも、月~木が青、金曜日がピンクに変更になった。

2018年10月1日の放送から、番組のキャッチコピーとして「スタジオがニュース現場だ![9]を採用し、読売新聞東京本社報知新聞社[9]との中継を結ぶコーナーを新設。また、「先読みNEWS」のコーナーでは翌日の読売新聞朝刊とスポーツ報知の紙面を紹介している。

出演者[編集]

現在の出演者[編集]

メインキャスター
  • 近野宏明(日本テレビ報道局キャスター、月 - 金曜日、2017年1月4日[7] - )
サブキャスター
  • 畑下由佳(日本テレビアナウンサー、月・火曜日、2017年10月20日 - )
2018年3月30日までは金曜日を担当。また、金曜日は『news zero』に出演。
  • 吉竹史(フリーアナウンサー、水 - 金曜日、2018年4月4日 - )
  • 吉田清久(読売新聞編集委員兼医療部長。月 - 金曜日の出演で、月 - 木曜日は丸山と交代で出演。金曜日のみ毎週出演。丸山の代理、2016年4月1日 - )
  • 丸山淳一(読売新聞編集委員。月 - 木の出演で、吉田と交代で出演。吉田の代理、2017年7月5日 - )
ナレーション兼サブキャスター
  • 寺島淳司(日本テレビアナウンサー、隔週金曜日、サブキャスターを務める。2017年4月21日 - )

過去の出演者[編集]

期間 メイン サブ ナレーション
月〜木 月・火 水・木 月〜木
2013.9.30 2014.3.28 小西美穂 玉井忠幸
近藤和行[10]
(不在)
2014.3.30 2016.3.31 小西美穂 岸田雪子1
下川美奈1
2016.4.1 2016.5.27 吉田清久
近藤和行
吉田清久
近藤和行
右松健太2
右松健太2
2016.5.30 2016.12.23 吉田清久
近藤和行
矢島学
矢島学
2017.1.4 2017.3.31 近野宏明 吉田清久
近藤和行
阿部優貴子[7][8]
吉田清久
近藤和行
矢島学
滝菜月[8]
矢島学
滝菜月
2017.4.3 2017.6.30 吉田清久
近藤和行
矢島学1 2
滝菜月
寺島淳司1 2
矢島学1 2
滝菜月2
寺島淳司1 2
2017.7.3 2017.9.29 吉田清久1
阿部優貴子
丸山淳一1
吉田清久
矢島学1 2
滝菜月
寺島淳司1 2
2017.10.2 2018.3.30 吉田清久
矢島学1 2
寺島淳司1 2
畑下由佳
矢島学1 2
寺島淳司1 2
2018.4.2 現在 畑下由佳
吉田清久1
丸山淳一1
吉竹史
吉田清久1
丸山淳一1
吉竹史
吉田清久
寺島淳司1 2
寺島淳司1 2

  • 1 隔週で担当
  • 2 金曜日はサブも担当
「きょうのニュース」・「Weather(お天気コーナー)」担当アナウンサー(2016年12月23日まで)

※いずれも当時日本テレビアナウンサーと現役アナウンサーについては勤務シフトの都合上代理出演する場合があった。

ほか

放送時間[編集]

現在[編集]

  • BS日テレ(2013年9月30日 - ):毎週月曜 - 金曜 22:00 - 23:00(JST、以下略)
    • 番組終了直前には、『news zero』の女性キャスターが同番組の予告(番組宣伝)を伝えている(放送時のみ)。
  • 日テレNEWS24(2013年10月1日 - ):毎週火曜 - 土曜 0:00 - 1:00(月曜 - 金曜深夜、2時間遅れ)

過去[編集]

  • NOTTV NEWS(2013年10月15日 - 2014年3月29日):毎週火曜 - 土曜 0:00 - 1:00(月曜 - 金曜深夜、2時間遅れ)※日テレNEWS24のCS再送信ネット。プロ野球シーズン入りのため、ネット中断期間入りするも、これを待たずしてNOTTVのチャンネル改編が行われたため、再開されないままの終了となった。
  • NOTTV4(2014年7月2日 - 2015年3月31日):毎週火曜 - 土曜 0:00 - 1:00(月曜 - 金曜深夜、2時間遅れ)※日テレNEWS24のCS再送信ネット。NOTTVのチャンネル改編が行われたため、終了となった。

備考[編集]

2014年12月14日(日曜日)19:57 - 21:00には初の特番『深層NEWS×日テレNEWS24 衆院選スペシャル』をBS日テレ・日テレNEWS24でのみ同時ネットした。

2014年以降、年内最終放送日には通常回の枠拡大として、開始時刻を20:00に繰り上げ、「年末3時間SP」を放送するが、BS日テレでのみの放送となる。なお当該放送日に限り、ネット局の日テレNEWS24では『Daily Planet(2017年3月まではデイリープラネット)』を翌1:00まで延長放送する。

2016年4月14日の放送は、放送直前に発生した平成28年熊本地震で、日テレNEWS24では『NNN報道特別番組』(21:45 - 翌0:54)のサイマルネットを実施[11]したため、日テレNEWS24では放送休止となった。

巨人戦ナイター中継延長時の対応[編集]

「生放送番組の放送開始時間が遅れるのは好ましくない」という考えから、「深層NEWS」の放送開始時刻は22:00に固定されている[12][13]。 したがって、本番組を放送する月曜日から金曜日までに巨人戦ナイターを放送する場合は延長対応がなされる。

本番組の放送を開始した2013年10月の段階ではマルチ編成を実施していなかったため、野球延長時には21時台のレギュラー番組を休止し、つなぎ番組を用意していた(延長なしもしくはリレーナイターを行う必要がなくなった場合は予定通りレギュラー番組を放送した)。 2014年4月以降は、制作局・BS日テレの新マスター設備が稼働し、マルチ編成が可能となることから、本来放送する番組(141ch)と巨人戦ナイター(142ch)の両方を放送する[12][13][14]が、本番組の放送時間には影響は出ない。

特別版[編集]

通常は放送しないが、2018年5月19日(土曜日)日本時間20時からイギリスで行われた、英王室・ヘンリー王子とアメリカ女優・マークルとの結婚式の模様を伝えるため、「深層NEWS特別版▽ヘンリー王子&米女優結婚式を完全中継!注目の瞬間を見逃すな」として、19:00 - 21:54まで放送した。

スタッフ[編集]

  • デスク:小倉宏、徳留美保、鈴木徹
  • 演出:菊池正史
  • チーフ兼統括プロデューサー:岩隈政信 (2017年6月1日-)
  • 企画制作:BS日テレ
  • 協力:読売新聞
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • チーフ兼統括プロデューサー:金子茂(以前は、プロデューサー)
  • チーフプロデューサー:小林景一→堀竜一
  • テーマ曲:「透明色のクルージング (fox capture plan Instrumental Version)」(fox capture plan、2016年4月1日 - 2016年12月23日、金曜のみ)
    • 「Horizon」(Schroeder-Headz、2016年10月3日 - 2016年12月22日、月 - 木曜)
  • タイトルアニメ:鉄拳(2013年9月30日 - 2016年12月23日)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “BS日テレと日テレが読売新聞とタッグ”. 日テレNEWS24. (2013年9月20日). http://www.news24.jp/articles/2013/09/20/08294569.html 2019年5月6日閲覧。 
  2. ^ a b “新聞とテレビがタッグ BS日テレの本格報道番組「深層NEWS」”. ZAKZAK. (2013年9月21日). https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130921/enn1309211454005-n1.htm 2019年5月6日閲覧。 
  3. ^ a b c 日テレと読売新聞がタッグを組んで『報道ステーション』に挑む!? 大型BSニュース番組『深層NEWS』がスタート”. 現代ビジネス (2013年9月25日). 2019年5月6日閲覧。
  4. ^ a b c BS日テレも参入、人気集める報道番組”. 論座(朝日新聞) (2013年10月10日). 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ 「深層NEWS」全容明らかに…10月改編で社長会見 BS日テレ 2013年9月23日閲覧。
  6. ^ 北海道北陸中部の各支社版にも掲載。
  7. ^ a b c “BS日テレ『深層ニュース』が“新装” 報道のエース・近野宏明氏が参戦”. ORICON NEWS. (2016年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2083268/full/ 2019年1月20日閲覧。 
  8. ^ a b c “「深層NEWS」新キャスターに近野宏明氏”. 日テレNEWS24. (2016年12月20日). http://www.news24.jp/articles/2016/12/20/08349503.html 2019年1月20日閲覧。 
  9. ^ a b “スポーツ報知編集局から生中継も…BS日テレ「深層NEWS」1日から一新”. スポーツ報知. (2018年10月1日). https://hochi.news/articles/20180930-OHT1T50355.html 2019年6月9日閲覧。 
  10. ^ 読売新聞会社案内サイト 研究員プロフィール
  11. ^ この特番は本番組終了後、BS日テレでもサイマルネットを実施。
  12. ^ a b 特別編成/マルチ編成で「深層NEWS」を午後10時に固定、BS日テレ会見から ITpro 2013年9月23日閲覧。
  13. ^ a b 今年度第1四半期・上期は順調に推移 10月新番組「深層NEWS」は完売 BS日本赤座社長、会見で現況など語る 連合通信ドットコム 2013年9月23日閲覧。
  14. ^ 実際には最大延長時であっても、本番組開始時刻より前にナイター中継終了となる。

関連項目[編集]

BS日テレ 月曜22:00 - 23:00枠
前番組 番組名 次番組
ニッポンの大疑問α
(2013.4.7 - 2013.9.23)
深層NEWS
-
BS日テレ 火曜22:00 - 23:00枠
絶景・世界自然の謎
(2012.4.8 - 2013.9.24)
【1時間繰り下げて継続】
深層NEWS
-
BS日テレ 水曜22:00 - 23:00枠
笑点 特大号
(2013.4.3 - 2013.9.25)
【1時間繰り上げて継続】
深層NEWS
-
BS日テレ 木曜22:00 - 23:00枠
加藤浩次の本気対談!コージ魂!!
(2012.10.4 - 2013.9.26)
【日曜22:00 - 22:54枠に移動】
深層NEWS
-
BS日テレ 金曜22:00 - 23:00枠
キズナのチカラ
※22:00 - 22:30
【1時間繰り下げて継続】
ボウリング革命 P★League
※22:30 - 23:00
【1時間繰り下げて継続】
深層NEWS
-