深山卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

深山 卓也 (みやま たくや、1954年9月2日 - ) は、日本の裁判官最高裁判所判事。東京都出身[1]

1979年東京大学法学部卒業。1980年に司法修習生。1982年に判事補任官。1992年那覇地方裁判所判事。1994年東京地方裁判所判事。1996年法務省民事局参事官。2001年法務省大臣官房参事官。2002年法務省民事局民事法制管理官。2003年法務省大臣官房審議官心得。2004年法務省大臣官房審議官。2008年法務省大臣官房司法法制部長。2010年東京高等裁判所判事。2011年東京地方裁判所判事部総括。2012年法務省民事局長。2015年東京高等裁判所判事部総括。2016年さいたま地方裁判所長。2017年東京高等裁判所長官[2]。2018年1月9日に最高裁判所判事に就任。就任に当たっては、「(法務省勤務が長く、)法律を見る視点が豊富になった。法律を作る側の経験を生かしたい」「個々の事案で適正、妥当な解決は何なのかを探求したい」と述べた[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 東京高裁長官に深山氏を任命 日本経済新聞 2017年2月17日
  2. ^ 最高裁判所の裁判官(深山卓也)裁判所
  3. ^ 旧姓使用の最高裁判事が就任 ホテル宿泊拒まれた経験も 朝日新聞 2018年1月9日
  4. ^ 「信頼される裁判所に」=大谷新長官が就任会見-最高裁 時事通信 2018年1月9日
先代:
原田晃治
法務省審議官民事局担当
2003年 - 2008年
次代:
始関正光
先代:
原優
法務省民事局長
2012年 - 2015年
次代:
小川秀樹
先代:
河合健司
さいたま地方裁判所長
2016年 - 2017年
次代:
山田俊雄