深沢建彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
深沢 建彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県
生年月日 1934年4月3日
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

深沢 建彦(ふかさわ たけひこ、1934年4月3日 - ) は、山梨県出身のプロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

甲府一高を卒業し、国鉄スワローズの入団テストを受け、合格し入団した。背番号は43。 1955年に背番号が21に変更。

1956年に現役を引退し、1957年に先輩の中村栄に引き連れられ小林勝己とともに富士重工太田に入団。 同年夏には都市対抗野球に出場した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1953 国鉄 12 0 0 0 0 0 0 -- -- -- 117 25.1 36 3 7 -- 1 12 0 0 16 11 3.81 1.70
1954
1955 9 0 0 0 0 1 1 -- -- -- 67 16.0 22 2 2 -- 1 4 0 0 12 11 6.19 1.50
通算:4年

背番号[編集]

  • 43 (1953年 - 1954年)
  • 28 (1955年 - 1956年)

関連項目[編集]