深沢豊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
深沢 豊太郎
ふかざわ とよたろう
Toyotaro fukazawa.jpg
 深沢豊太郎
生年月日 (1895-05-30) 1895年5月30日
出生地 静岡県庵原郡江尻町
(現・静岡県静岡市清水区
没年月日 (1944-12-19) 1944年12月19日(49歳没)
出身校 明治大学法科中退
ベルリン大学留学
所属政党 立憲政友会
立憲政友会正統派
興亜議員同盟
翼賛政治会
テンプレートを表示

深沢 豊太郎(ふかざわ とよたろう、1895年明治28年〉5月30日[1] - 1944年昭和19年〉12月19日[2])は、日本政治家立憲政友会所属の衆議院議員。

経歴[編集]

静岡県庵原郡江尻町(現在の静岡市清水区)出身。明治大学法科を中退後、ベルリン大学に留学した。栃木県会書記長、衆議院嘱託を経て、1929年(昭和4年)に東京市会議員に当選した。

1930年(昭和5年)、第17回衆議院議員総選挙に政友会公認で出馬し当選。以後、当選回数は5回を数えた。その間、犬養内閣山本悌二郎農林大臣の秘書官を務めた。

1939年(昭和14年)の政友会分裂に際しては久原房之助鳩山一郎らとともに政友会正統派に所属し、政党解消後も翼賛議員同盟に所属せず興亜議員同盟に所属したが、1942年(昭和17年)の翼賛選挙に際しては翼賛政治体制協議会の推薦候補として当選した。

その他に明治大学評議員・順天中学校理事を務めた[3]

著書[編集]

  • 『政治改造論』(沢藤出版部、1922年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 故従五位深沢豊太郎位階追陞の件
  2. ^ 官報』第5384号、昭和19年12月23日
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]