深津睦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

深津 睦夫(ふかつ むつお、1953年1月1日 - )は、日本国文学者中世文学が専門。現在、皇學館大学文学部国文学科教授博士(文学)

人物[編集]

岐阜県出身。1976年3月東京教育大学文学部国語国文学専攻卒業後、1981年3月名古屋大学大学院文学研究科博士課程満期退学2004年3月、「中世勅撰和歌集史の構想」により、名古屋大学より博士(文学)の学位を取得。皇學館大學助教授、教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言語表現の技法』(皇學館大学出版部、1995)
  • 『言語表現の技法 論文の書き方』(皇學館大学出版部、2004)
  • 『言語表現の技法 わかりやすい文章を書くために』(皇學館大学出版部、2004)
  • 『中世勅撰和歌集史の構想』(笠間書院、2005)
  • 光厳天皇 をさまらぬ世のため身ぞうれはしき』ミネルヴァ書房・日本評伝選、2014

編著[編集]

共編著[編集]

  • 『新註百人一首』(勉誠社、1986)
  • (安達敬子)『歌論歌学集成 第12巻』(三弥井書店、2003)
  • (名古屋和歌文学研究会)『私撰集作者索引 続編』(和泉書院、2004)
  • 『全国神社奉納和歌データベース化と研究のための予備的研究』(深津睦夫、2009)

講演録[編集]

  • 『和歌と政治』(皇學館大学出版部、2001)